連載
熱男式! 着こなしの王道セオリー実践講座vol.37

キチンと見えて楽な服。「セットアップ」が大人の休日に最適な理由

平日はスーツで身を律しているからこそ、休日はリラックスした装いで体を解きほぐしたい。とはいえ、ダラしないスウェット姿では様にならない大人におすすめしたいのが、肩肘張らない「セットアップ」。なぜなら、ジャージ感覚の楽チンさとジャケットスタイルならではのキチンとさを併せ持つ便利なアイテムだから。ここでは、その魅力と着こなしに迫っていきたい。

 

写真:下城英悟 文:高柳 淳 モデル:中村綱太(B-Tokyo) スタイリング:宇田川雄一

 

◆休日のキレイめコーデが即完成

セットアップの魅力のひとつには、なんといってもその取り入れやすさが真っ先に挙げられる。休日はどうしても“着やすさ”を優先して、年齢に不相応なカジュアル全開のコーディネートで過ごしている人も多いだろう。セットアップなら、インナーにカットソーを、足元にスニーカーを合わせるだけでも、年相応のお洒落なコーディネートが完成する。たったそれだけでトレンドをバランスよく取り入れた雰囲気になるのだから、これ以上に重宝するアイテムはそうそうないはずだ。

 

そして、着心地はリラックスモードながら、キチンとした印象を与えられるのも頼もしい。セットアップが一着あるだけで、休日のコーディネートがワンランク格上げされるのだ。

画像:今どきのセットアップはとにかく生地が多種多様。こちらのセットアップはイタリアを代表する生地メーカー「カノニコ」を採用。ストレッチ性の高さと豊かな素材感を兼ね備え、大人らしいカジュアルさを演出

今どきのセットアップはとにかく生地が多種多様。こちらのセットアップはイタリアを代表する生地メーカー「カノニコ」を採用。ストレッチ性の高さと豊かな素材感を兼ね備え、大人らしいカジュアルさを演出

 

◆着こなしの幅が広いからコスパも高い

合わせるアイテム次第で、まったく違う印象へと変化する二面性があるのもセットアップの魅力だ。上下セットで5万前後~と、安い買い物ではないが、タイとドレスシューズを合わせればビジネスでも使用することができ、快適な着心地も約束してくれる。

 

もちろん、休日のカジュアルダウンにも対応し、上下別々に違うアイテムと着こなすことで使えるシーンの幅もグッと広がる。たとえばパンツをスラックス代わりにトップスで遊ぶなんていうトレンド感のある着こなしも可能だ。一着あれば、非常にコストパフォーマンスの高い活躍をしてくれる、それがセットアップという逸品なのだ。

画像:同じパンツを使っても、ここまで見た目のイメージに差を出すことができる。よりカジュアルさを出すなら、今年はGジャンがおすすめの羽織りもの

同じパンツを使っても、ここまで見た目のイメージに差を出すことができる。よりカジュアルさを出すなら、Gジャンを羽織るのが今季のおすすめ

 

◆見た目とは裏腹に、着心地は超快適

ジャケットスタイルなので、やっぱり気になるのが「そこまで快適ではないのでは?」という疑問。でも、心配はご無用。

 

今季は、素材に吸湿速乾・通気性・洗濯耐久性を兼ね備えたクールマックスを採用したもの、細かい凹凸のある表面で肌にベタつきにくくサラっとした着心地を実現するシアサッカー素材を使用したものなど、快適性に優れたアイテムが数多くリリースされている。

 

また、洗濯後、ハンガーに吊るしておけば、朝には元に戻り、ノンアイロンで着用できるイージーケアー仕様が多いのも特徴。折りシワになりにくい素材も多いので、出張のお供にも重宝すること請け合いだ。

 

-----------------

 

年齢を重ねるとどうしても楽な洋服を選びがち(特に休日)。そんなときでも、機能素材を採用しているセットアップがあれば、休日の家族イベントやお出かけ時でも、素敵な父親を演出できる。「休日にジャケットはちょっと……」と敬遠してきた人にこそ、進化系セットアップを取り入れてみてはいかがだろうか。

 

※今季おすすめのセットアップとコーディネート解説はこちらでチェックを。

画像:腕が動かしやすいよう、立体的なパターンを採用するジャケットはより快適さを満喫できる。パンツはウエストにゴム素材を使うことで、リラックスに履きこなすことができるタイプも多い

腕が動かしやすいよう、立体的なパターンを採用するジャケットはより快適さを満喫できる。パンツはウエストにゴム素材を使うことで、リラックスに履きこなすことができるタイプも多い

 

 

DATA

ユニバーサルランゲージのジャケット/3万1320円、パンツ/1万4904円、シャツ/9504円、ネクタイ/7344円、ブリーフケース/3万1320円、バーウィックのシューズ/3万1320円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店 TEL:03−3406−1515)、サージュデクレのニット/1万8360円(サージュデクレ TEL:03-6452-5188)、アイディー デイリーウェアのジージャン/3万240円、シャツ/2万3760円(デイリーショップ TEL:03−6455−1852)、ブリーフィングのバッグ/2万520円(ブリーフィング 表参道ヒルズ店 TEL:03−6459−2448)、ユウイチトヤマのメガネ/3万2400円(アトリエサンク TEL:03−6407−0990)、ハイドロ フラスクのコーヒーボトル/3780円(アルコインターナショナル TEL:06-6538-3917)、ユンハンスの時計/15万8760円(ユーロパッション TEL:03-5295-0411)

 

 

画像:大人の休日に「セットアップ」が最適な理由
画像:休日仕様の「セットアップ」カタログ
  • 1

この情報は2017年5月15日現在のものです。

TOP