連載
新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選~クラフト編~

004:BROOKLYN MUSEUM|世界に誇るニッポン製

ストアブランドやセレクトショップのオリジナル商品を手掛ける会社として1979年にスタートし、細部の作りにまでこだわったモノ作りに定評のある「BROOKLYN MUSEUM」(ブルックリン ミュージアム)。

 

多彩なラインナップの中核となっているのが素材の特性を見極めて仕立てられた財布であり、なかでも注目はオリジナル皮革「ヤマト」を使ったシリーズだ。これは牧場から前なめし、後なめし、染色、仕上げまでの全工程を日本で行うことに徹底してこだわったもの。

 

この開発のきっかけとなったのは2002年、イタリア・ミラノで開催された82回目の鞄・革小物の展示会「MIPEL」に日本初のブランドとして出展を果たしたときのことだ。日本でしかできない革で勝負したいという思いから、約2年の開発期間を経て完成したのが「ヤマト」なのである。

 

「ヤマト」の特徴はきめが細かく、弾力性に優れていること。そして魅力はなんといっても美しい発色だ。さらに日本の職人により、手間を惜しまずに作られた財布は長い年月使い続けても耐久性のある堅牢さをも持つ。素材から製作までオール・メイド・イン・ジャパンというその実力をご堪能あれ。

 

 

DATA

【左】ヤマト コンビ インターナショナルウォレット(オリーブ×イエロー)

価格:3万3480円(税込)

サイズ:10×11.5×2.7cm

 

【右】ヤマト コンビササマチ束入れ(オレンジ×アクアブルー)

価格:6万2460円(税込)

サイズ:10×18.8×2.5cm

 

問い合わせ先:ブルックリン ミュージアム 青山本店

TEL:03-6427-1530

URL:https://www.brooklyn.co.jp/

 

>>>005:forme|伝統とセンスが融合した人気モノ

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP