連載
名刺を捨てた女たち

元・日テレアナ上田まりえの葛藤とフリー転向で手にした自信

一体、サラリーマンとはなんなのか。元会社員である著名人たちが会社員時代を語る。"名刺を捨てた男たち" は当時何を考えながら働いていたのか。仕事へのモチベーション、プライベートとの比重、そして夢への挑戦……。

 

今回はスピンオフ企画第二弾として、「名刺を捨てた女たち」を敢行! 安定のキャリアを捨て、茨の道を選んだのは“熱男”たちだけでない。現状を変えようと、自らの力で生きていく覚悟をした“熱女”たちにその腹の内を聞いた。

 

● ● ●

 

地方ローカル局を目指していたはずが、何の因果かニッポンど真ん中の日本テレビのアナウンサーになってしまったという上田まりえ。入社前の「なぜ私が?」という逡巡は、全国区の番組に出るようになっても変わらず、居場所を模索していたという。

 

新人時代に担当していた『Oha!4 NEWS LIVE(おはよん)』時代の様子をマツコ・デラックスにいじられるようになり、一躍表舞台に躍り出た彼女。5年目を過ぎて、少しずつ目の前が開け、アナウンサーとしての自信をつけ始めたそうだが、その肩書きを6年10カ月で捨ててしまう。日本テレビアナウンサー・上田まりえが、「上田まりえ」になって手に入れたものは一体何だったのだろうか。

 

写真:佐坂和也 文:小泉庸子 

 

≫≫≫毎朝上司と入れ違いで帰宅していた新人アナ時代

上田まりえ

タレント

上田まりえ

1986年、鳥取県生まれ。2009年、専修大学文学部卒業後、日本テレビ放送網株式会社にアナウンサーとして入社。『Oha!4 NEWS LIVE』『PON!』『スッキリ!!』『真相報道 バンキシャ!』など人気番組に関わる。2016年1月に退社。同年2月より松竹芸能所属。レギュラー番組に『5時に夢中!』(TOKYO MX/月~木アシスタント)、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ/火曜アシスタント)、また2017年4月からは『ワールドスポーツMLB』(NHK BS1)の土・日曜日のMCを担当することが決定。『デイリースポーツ』には毎週木曜にコラムを連載中。

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP