連載
多様化するビジネスシーンに洋服の青山が提案する新ブランド

MORLESが実現した「青山価格・ビームス企画」に高まる期待

「洋服の青山」と「BEAMS」――。2つのブランドが手を組んで立ち上げた「MORLES(モアレス)」が、今季の春夏で6シーズン目を迎えようとしている。

 

一見、相対するような両者だが意外にも双方の思惑は合致している。「洋服の青山のハード」と「BEAMSのソフト」が融合した「MORLES」に話を聞いた。

 

撮影:加藤謙樹

morles_01

今回お話を聞いた青山商事株式会社の山本龍典(右)、株式会社ビームスの矢崎裕(左)。「MORLES」について熱く語ってくれた

 

■「青山価格・ビームス企画」というユーザーメリット

 

2016年のAWにローンチした「MORLES(モアレス)」は、「洋服の青山」を展開する青山商事が全国展開する店舗内に“イン・ショップ”として、併設させている新ブランド。「produced by BEAMS DESIGN」と銘打って、いい意味で「洋服の青山」を裏切りながら「BEAMS DESIGN」を感じさせない、あか抜けた印象を受ける。

 

山本:洋服の青山は、ありがたいことにフレッシャーズスーツとしては広く認知をいただけていますが、クールビズやビジカジが浸透していくなかで、それ以降のコンタクトに苦戦してきました。「MORLES」は、BEAMSさんとともに、オンもオフも垣根がなくなって多様化するビジネスシーンへのアプローチとしてローンチしました。

 

「MORLES」は、現在全国に800あまりある洋服の青山の店舗のうち、72の店舗内で展開されている。青山の店舗では、基本的にはシャツはシャツ、ジャケットはジャケットとアイテムごとに商品を陳列されているが、「MORLES」は店舗内にセクションを設け、セレクトショップを意識したディスプレイでカジュアルなビジネススタイルを提案している。

 

矢崎:「MORLES」では、全国的な店舗網や、製品作りのライン、素材調達などのハード面を青山さん、商品企画やコーディネート、シーズンテーマなどソフト面をBEAMSが担当しています。青山さんの持っているボリューム感でモノ作りに関われるのは、われわれにとってもメリットです。

 

また、これまでBEAMSと縁がなかった全国のお客様に青山さんを介して、知ってもらえるというのも大きいですね。「青山価格・ビームス企画」という点でも、お客様へのメリットも大きいと思います。

 

 

morles_02

オープンカラーのシャツでカラバリを展開するなど、今季はこれまでの「MORLES」にはなかったカジュアルに寄せて展開

 

2019年SSのラインナップを見ると、オープンカラーのシャツやワイドパンツなど、これまでの洋服の青山では考えられなかったアイテムが目立つ。ビジカジとはいえ、かなりカジュアル寄りに傾向しているようだが、今期のシーズンテーマについて、矢崎氏に聞いた。

 

矢崎:今季のテーマは、「Senza Cravatta(センツァ クラバッタ)」です。イタリア語に「ノータイ」の意味です。

 

年々、会社員がスーツを着なくなっていくなか、今季提案しているのは、よりカジュアルなイメージです。今シーズンだけ見ると、かなりカジュアルな印象かもしれませんね(笑)。いろんな組み合わせをしながらよりファッションを楽しんでほしいと考えています。

 

山本:ネクタイを外してもっとファッションを楽しもう、と言ったら言い過ぎかもしれませんが、今まで洋服の青山がやって来なかったワンピースカラーのシャツなどラフなテイストは、今のビジネスシーンならフィットすると思っています。

 

ほかにもポロシャツやアイビールックのテイストなど、「produced by BEAMS DESIGN」によって生まれた洋服の青山の新しい一面がうかがえる。また、リネンやシアサッカーなど素材についても、既存ではやってこなかった新しいチャレンジだ。

 

 

morles_04

■全国に販売網を持つ洋服の​青山のもうひとつの強み

 

山本:現在800店舗中72店舗で展開している「MORLES」ですが、今季もどんどんと増やしていこうと思っております。洋服の青山のオンラインストア(ECサイト)経由での問い合わせも多く好評をいただいております。

 

これは、「MORLES」を展開する実店舗が近くになくても、オンラインストアから近くの店舗に取り寄せができ、そこで試着してから購入を検討するというもの。青山の全国の販売網があってこその強みだ。

 

地方店舗からの問い合わせも多く、スタッフからも自店で展開したいという声も上がるほどで、今後より多くの店舗での「青山価格・ビームス企画」が期待される。

 

 

DATA

MORLES produced by BEAMS DESIGN

主な展開店舗:池袋東口総本店、新宿西口店、洋服の青山オンラインストアほか69店舗

問い合わせ先:池袋東口総本店

TEL:03-5952-7201

URL:https://www.y-aoyama.jp/campaign/morles_2018aw/index.html

 

 

この情報は2018年12月13日現在のものです。

  • 1

TOP