連載
メンズビューティの是非を問う~ラロッシュポゼの場合~

このままだと「おやじ顔」まっしぐら? 50代になって後悔しないための+1ケア

近ごろ、『For M』編集部宛に男性用化粧品のPRの依頼が増えている。だが、コストをかけ、ビジネスマンの貴重な時間を使ってまでも、男性美容が必要だと読者に納得してもらうのは難しい気がしている。コスメブランドの販路拡大のために男性がターゲットにされているだけではないのだろうか、なぜ現代の男性は美容に力を入れなければならないのか。

 

●●●

 

今回、編集部とメンズビューティライター・滝沢康英さんが話を聞いてきたのは、敏感肌のためのスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」のマーケティング担当・木村聖美さん(写真右)と、肌の悩みを抱えた男性が多く訪れる「渋谷スキンクリニック」院長・吉田貴子先生(写真左)だ。

 

「老け顔の原因は加齢よりも、紫外線」という”おやじ顔”対策キーワードが対談中に飛び出した。30代のうちは気づかない紫外線ダメージだが、50代になってシミやシワなどの老化サインとして出てくる。10年後、20年後に後悔しない自分になるために、今から何をするべきなのか?

 

写真:加藤謙樹 文:滝沢康英 取材協力:渋谷スキンクリニックラ ロッシュ ポゼ

 

 

紫外線によって”男”は”おやじ”に劣化する

 

吉田貴子(以下、吉田):今、美容皮膚科で増えているのが50~60代男性のシミの相談。「シミって取れるんですか?」とよく聞かれます。そういう方は若い頃から今まで紫外線ケアをすることなく、屋外でスポーツをしてきた人が多いです。

 

紫外線ってシミの原因になりますからね。みなさん、口を揃えて「もっとはやくから紫外線ケアしていたら良かった」と言います。「そうすればこんなことにならなかった」と。

 

木村聖美(以下、木村):紫外線を浴びていても、若いときはシミができませんから、「俺は大丈夫」と、つい思ってしまうんですよね。

 

吉田:紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)があり、日焼け後に肌が黒くなるのはUVBの影響です。UVAは肌の奥の真皮まで届いてダメージを与え、年齢を重ねたときにシミ、しわ、たるみの原因となるもの。

 

もちろん老化もあるんですけど、それよりも紫外線を浴びてきたことのほうが、ダメージが強いと言われています。例えば、日焼けした子どもはいても、皮膚がたるんでいる子どもはいませんよね。UVAの影響が現れてないだけで、将来的には出てきます。

 

木村:紫外線の影響を抑えるには、長時間、屋外の外出やスポーツを控える必要がありますが、実際には難しいですよね(笑)。なので、しっかりと日やけ止めをぬる事が大切です!

 

吉田:オフィスや部屋にいるときでも、本来は日焼け止めを塗ったほうがいいんです。UVAは窓ガラスから室内へ侵入してきますから。

 

木村:そうなんですよね、なかなか手強いですね。うーん、男性がオフィス内で日焼け止めを塗っているとは思えませんね。では、できてしまったシミって治るんですか?

 

吉田:自然治癒はないんですよ。治すならレーザーなどの治療で取ることになります。

 

木村:なるほど。紫外線ケアをして、これ以上の悪化を抑えることしかできないんですね。

画像:2

マーケティング担当の木村さんは「ラ ロッシュ ポゼ」のシニアプロダクトマネージャーも務めている

 

⬛「 ロッシュ ポゼ」は皮膚科医から奨励される敏感肌のプロダクト

 

吉田:紫外線ケアは、2004年に私がクリニックを開業して以来、ずっと提唱していたことで、当初から日焼け止め商品を販売してきました。その頃から「ラ ロッシュ ポゼ」さんの製品を置いていますよ。

 

木村:ありがとうございます! 私たちは世界中の皮膚科医が使用する敏感肌のためのブランドなので、吉田先生にも認められているということは大変光栄です。

 

「ラ ロッシュ ポゼ」には3つの特徴がありまして、1つ目に敏感肌のために開発された刺激の少ない商品であること、2つ目に世界82カ国の皮膚科医に採用してもらっていること、3つ目にフランス北東部、ブランドのルーツがあるラ ロッシュ ポゼ村のターマルウォーターを使っていること、なんです。

 

吉田:ターマルウォーターとはどういうものなんですか?

 

木村:フランス南西部にある、ラ ロッシュ ポゼ村の湧水です。ラ ロッシュ ポゼ村の湧水には、抗炎症、抗酸化作用があると言われるセレンやミネラルが豊富に含まれており、その水を利用した皮膚科学的ターマルセンター(肌ケアセンター)があるんです。このラ ロッシュ ポゼターマルセンターは、ヨーロッパ最大規模の施設大で、1905年の設立以来46万人以上の方が肌のケアに訪れているんですよ!

 

吉田:やはり日焼け止めアイテムは肌に直接塗るものですから、肌に負担をかけない商品は本当にありがたいです。紫外線ケアは予防が一番。50代になって後悔しないためにも今から始めてほしいです。

 

 

≫≫日焼け止めを選ぶならPA値を見るべし

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP