連載
東京マラソン2016┃10th Anniversary vol.3

暖冬に拍車をかけた東京マラソン2016の熱風

2007年に始まった「東京マラソン」が2016年2月28日、第10回大会を迎えた。3万7000人のランナー、1万人のボランティア、そして150万人が沿道に駆けつけ、いまや同大会は東京の冬の風物詩となった。毎年30万人以上が出走権を求め、関西大学の調べによるとその経済効果は271億円(2013年)にもおよぶ。なぜ、東京マラソンはこうも人を熱くするのだろうか。

 

『For M』では、「東京マラソン2016」が10回記念大会に向けて高まっていくボルテージを3回に分けて取材する。同大会の主催者、支援者、そして、いちランナーとして、その熱源に迫る。

 

● ● ●

 

「なぜ、東京マラソンがこうも人を熱くされるのか」。その答えに近づくべく、3回にわたってお送りしてきた東京マラソン企画。第3回目となる今回、3万7000分の1のランナーとして、編集部の“熱男”はスタートラインに立った。

 

vol. 1:大都会・東京が舞台の巨大フェス
vol. 2:自分にミッションを課して走る男たち

 

撮影:Yoshiteru Hagiwara、菱田諭士 取材協力:東京マラソン財団 文:ヤマダタクリュウ(For M)

画像:東京マラソン

ランナーだけでなく沿道の観客もコスプレ。当選できなかった思いをランナーに託す

 

■多くのサラリーマンランナーが出走

9時10分、スタートの合図とともに3万7000人のランナーが走り出す。周囲を見わたすと、ランナーの多くは会社勤めの30、40代男性のようにみえる。紙吹雪が舞う東京都庁前をサラリーマンランナーたちが大声援を背にスタートを切った。

 

これまでの取材を通して分かったことがある。マラソンを趣味としている人は富裕層というべきか、ある程度金銭的な余裕があり、大会社に勤めていることが多い。サブ3、サブ4(※)を狙う熟練者であればあるほど、高い意識をもって日常を過ごし、仕事へもストイックに取り組んでいる。

 

ランニングはゴルフやテニスに比べると、それほど投資を必要とするスポーツではなく、健康な体さえあれば没頭できる安上がりな趣味にもかかわらず、なぜ高記録をもつサラリーマンランナーの多くが、仕事でも成功しているのか。

 

それは、ランニングが高い目標意識と、それに向かっていくモチベーションを必要としているからだ。トレーニングに割く時間の確保と、目標を達成するための計画的なメニューをこなす必要があり、その積み重ねが「自己ベスト」への近道となる。マラソンに没頭する前から、そうしたストイックな姿勢で仕事と向き合ってきた人にとっては、マラソンを始めるのは必然だったともいえるし、マラソンを始めたことで、仕事との向き合い方が変わったという人もいるだろう。

 

ランナーたちは事前の申告タイムで、スタート時にA~Lのブロックに振り分けられる。早々に最初の給水ポイントを通過していくのは、vol.2で取材した高記録をもつチャリティランナーたちだ。

 

※サブ3で完走タイム3時間以内、サブ4で4時間以内のこと

画像:東京マラソン

老若男女問わず沿道から多くの声援が飛ぶ

 

■ランナーを支える大声援はどこからくるのか

なぜマラソンは働きざかりのサラリーマンたちを魅了するのか。実際に走ってみて、その理由の一端が分かった気がする。ひたすら自己記録更新をめざす、一見地味な個人競技に思えるマラソンだが、多くの市民が参加でき日々の鍛錬の成果を大勢の前で発表できる数少ない競技だからだろう。

 

影ながらトレーニングをこなし、東京マラソンのような大舞台で沿道に駆けつける150万人超の観客たちの前を走る爽快感は、日常生活ではまず感じることのできないものだ。この大声援を受ければ、サラリーマンランナーたちが自分にミッションを課して、働きながらも勤務時間前後にトレーニングを積む理由も分からなくもない。

 

東京マラソンのハイライトのひとつである浅草・浅草寺前や銀座中央通りはレース後半戦にやってきた。ほとんどのランナーはここで最初の山場を迎え、初マラソンとなる“熱男”もご多分に漏れず足が止まり、ラン&ウォークを繰り返すしかなかった。

 

しかし、詰めかけた沿道の声援を受けると走らずにいられない。見栄なのか、羞恥心なのか、限界を迎えたはずの足がもうひと踏ん張りするのだ。なぜこの人たちはこんなに応援してくれるのか、そんな疑問を抱えながらまた走り出す。サブ3ランナーでもサブ6ランナーでもこの大声援を受ける快感は変わらないのだろう。

この情報は2016年3月11日現在のものです。

バナー: 走りながら芽生えた疑問。なぜ見ず知らずのランナーを応援するのか

TOP