連載
東京マラソン2016┃10th Anniversary vol.1

東京が熱狂する大祭典、10周年大会へのカウントダウンが始まった!

2007年に始まった「東京マラソン」が2016年2月28日、第10回大会を迎える。3万7000人のランナー、1万人のボランティア、そして160万人が沿道に駆けつけ、いまや同大会は東京の冬の風物詩となった。毎年30万人以上が出走権を求め、関西大学の調べによるとその経済効果は271億円(2013年)にもおよぶ。なぜ、東京マラソンはこうも人を熱くするのだろうか。

 

「For M」では、「東京マラソン2016」が10回記念大会に向けて高まっていくボルテージを3回に分けて取材する。同大会の主催者、支援者、そして、いちランナーとして、その熱源に迫る。

 

● ● ●

 

東京都庁をスタートし、新宿歌舞伎町、皇居を抜けて東京タワー、浅草、銀座と都内の名所を経由して豊洲、有明とベイエリアを通り、フィニッシュの東京ビッグサイトにいたる42.195km。東京マラソンはこの10年で単なる市民参加型のマラソンイベントではなく、東京の街を舞台に繰り広げられるエンターテイメント、そしてランニング文化の定着、社会的意義を組み込んだ一大イベントへと成長した。

 

連載第1回目となる今回は、東京マラソン財団マーケティング本部長の加藤智久氏に話を聞いた。

 

撮影:萩原昌晃 取材協力・画像提供:東京マラソン財団 文:ヤマダタクリュウ(For M)

 

画像:東京マラソン財団マーケティング本部長 加藤智久氏

東京マラソン財団マーケティング本部長を務める加藤智久氏。自身もランナーでハーフマラソンのタイムは1時間40分台

 

――東京マラソンが第10回の記念大会を迎えます。この10年を振りかえっていかがでしょうか。

 

「東京マラソンは2007年、石原都知事(当時)の旗振りによって実現しました。銀座や浅草など、都内のメインストリートを約7時間封鎖する壮大な規模感だったため、10年前の開催当初は、警視庁の調整やコース付近の商店などを説得するところからはじめました。特に観光地の路面店からは営業の妨げになるといった反発がありました。

 

10回大会を迎える今、ランナー、ボランティア、沿道の方々はじめ、警視庁や消防庁など、多くの方々のご理解とともにご支援をいただいています。各エリアの商店街とも良好な信頼関係を築くことができ、浅草では、ランナーを映し出す大型モニターや幟を商店街の方々が用意してくれるなど、このような支援を糧に、より社会性のある大会として成長できればと思います。

 

――そんなエピソードがあったんですね。ところで、東京マラソンは完走率が非常に高いと思うのですが、この点についてなにか思惑はあったのでしょうか?

 

第1回大会から、一貫して目標としていたのは、安全・安心な大会とランナーの完走率を高く保つことでした。東京の大動脈を誰にも邪魔されず、沿道の大声援を受けて堂々と走れるのは貴重な体験です。それならば必ず完走してほしいという想いがあります。

 

そのために、スタートからフィニッシュまでのコースも検討を重ね、制限時間も7時間確保する必要がありました。その結果、第1回から平均して96.26%の完走率を実現できています」

 

 

画像:数字で見る東京マラソンの10年

 

――3万人のランナーを無事に走らせることが一番のミッションだったんですね。今回は10回という節目の大会になりますが、なにか新しい試みはあるのでしょうか?

 

「第10回大会では大会ロゴを一新しました。大小さまざま、太さの違うラインが交差するデザインを採用しました。ラインは全部で42色で、当日走るランナーやボランティア、さらに沿道のオーディエンスなど、ランナーのみならず、大会に関わる多くの方々の想いを表しており、その想いが折り重なった42色のラインが円をつくって、『東京がひとつになる日。』という大会のコンセプトを象徴しています。

 

東京マラソンは、2013年の大会からアボット・ワールドマラソンメジャーズ(AWMM)に加入しました。AWMMとは、東京・ボストン・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨークの世界6大マラソン大会のことで、オリンピックや世界選手権を加えた、マラソンにおけるメジャーのシリーズ戦です。東京マラソンの魅力のひとつは、世界トップクラスのランナーがフルマラソンを走るスピード感を目の当たりにできるところです。

 

また、2015大会からは、全国の提携大会で推薦基準タイムをクリアしたランナーを対象とする準エリートランナー枠を設け、今大会からは、海外からの準エリートランナーの募集や提携大会による一般ランナーの選出も行なっています。準エリートランナーとして東京マラソンを走るために、各地の提携大会で推薦基準タイムを目標としているランナーも数多くいます。

 

第10回大会は、エリートランナーに加えてそうしたランナーたちが集まり、ますますスピード感のあるレース展開が期待できます。番狂わせの大物食いもあるかもしれません。東京マラソンがきっかけとなって、ランナーたちの競技力の底上げ、走力の向上に貢献しているのは確かです。

この情報は2016年1月12日現在のものです。

バナー: 笑顔と泣き顔しかない 大都会・東京が舞台の巨大フェス

TOP