連載
ポッチャリ系メンズ雑誌『Mr. Babe』が創刊

“体型”と“心のゆとり”は比例する?「ポッチャリメンズ」人気の熱源に迫る!

「クマっぽくてかわいい」「お父さんみたいで安心感がある」「すぐ友達になってくれそう」。これまで、ポッチャリメンズはもてはやされるように、そんなふうに言われ続けてきた。だが、今ポッチャリメンズは確実に変わろうとしている。

 

というのも、9月某日、ポッチャリメンズのためのファッション&ライフスタイル雑誌『Mr.Babe』が創刊されるというニュースが、ネット上で大きな話題となった。「For M」編集部は、そのビジュアルイメージをひと目見た瞬間、誌面から作り手たちの並々ならぬ “熱い” パッションを感じたのだ!

 

自身もBMI25オーバーで、ポッチャリと真摯に向き合い続けてきた『Mr.Babe』編集長・倉科典仁を直撃! “ポッチャリメンズ” 人気の核心を、熱く語ってもらった。

 

 

■ポッチャリメンズが求める正方形のパターン

 

―――2015年10月26日、ポッチャリメンズのためのファッション&ライフスタイル雑誌『Mr.Babe』がついにリリースされましたね。​数多くのファッション誌、ライフスタイル誌があるなか、かなりターゲットを絞ったコンセプトですが、どうして “ポッチャリメンズ” なのでしょうか。

 

倉科

「構想自体は5年前から存在しました。現在、日本人の3人に1人がポッチャリメンズ(BMI25以上)と言われているなか、私自身もそのひとりとして、フラストレーションを感じていました。女性からの見られ方や食に関すること、日々の生活で感じることなど、 “同士たち” と話す「ポッチャリあるある」は数知れません。

 

例えば、ファッションひとつとっても、ポッチャリメンズのサイジングは、既存ラインのエアポケットでした。細身の人も、大柄の人も、身幅と着丈の寸法はサイズアップをすれば問題はありません。

 

しかし、ポッチャリメンズがオーバーサイズではなく、一般的な体型の細身のコーディネイトをしようとすると、身幅と着丈が正方形になるようなパターンになります。

 

またアパレル会社が、ポッチャリの体型に合わせたパターンで工場にオーダーすると、『着丈と身幅の比率が正しくない』と何度も戻されるとも聞きました。ファッションにおいて、ポッチャリは窮屈な思いをしてきたのです」

 

 

―――『Mr.Babe』はポッチャリファッションに注目していますね。創刊号では、「ファッションは “サイジングこそすべて” 」と謳っています。ポッチャリメンズにとってジャストフィットは難しいことだったのですね。

 

 

倉科

「そうです。ポッチャリ著名人の方々に話を伺いましたが、口をそろえてこのことをおっしゃっています。それでも、多くのポッチャリ著名人の方々はとてもおしゃれです。誌面に国内外のポッチャリスナップを掲載しましたが、自信をもっておすすめしたいコーディネイトをそろえました」

 

 

画像:2枚目

■ポッチャリこそ健康面で理想的な体型だった!

 

―――ポッチャリは不健康と見られがちですが、「実はポッチャリが一番健康的で長生きする」と誌面で語られています。この衝撃的な見出しに “熱さ” を感じました。どういうことなのでしょうか。

 

倉科

「デブは不健康だと思われがちですが、長らく長寿県として全国1位だった沖縄県(現在は2位)は、なんと肥満率が全国で1位です。

 

さらに、アメリカの疫病対策センターが、300万人のあらゆる人種を対象に行った研究で、BMIが25~30未満の過体重グループの方が、BMI18.5~25未満の普通体重グループよりも、死亡リスクが6%低いというデータがあります。これはポッチャリにも、そうではない人にも、声を大にして伝えたいことです」

 

―――編集部はじめカメラマン、モデルもポッチャリだとお伺いしました。説得力が違いますね。「肉・卵・チーズを食べる! MEC食健康法」という記事も、食べながら健康を維持できるというポッチャリならではの発想だと思います。

 

倉科

「ポッチャリ雑誌を作るのに、作り手もポッチャリでなくては心に響く内容の記事は作れないと思っています。編集側も “汚デブ” ではなく “ポッチャリメンズ” であれ、ということを意識しています」

 

―――確かに、ポッチャリには「とっつきやすい」「すぐ友達になれそう」といったポジティブなイメージもありますが、一方で「暑苦しい」「だらしなさそう」などネガティブな印象を与えかねないですね。

 

倉科

「 “ただのポッチャリ” は後者のネガティブなイメージです。ポッチャリは健康的な体型と言いましたが、それでも清潔で健全なイメージは作らなければならなりません。非モテポッチャリとモテポッチャリの差はそこにあるのかもしれません」

 

 

画像:3枚目

■時代が求めている “メンタルポッチャリ”

 

―――創刊号は佐々木健介さん、TKO木下さん、大根仁監督……。そうそうたる“ポチャメン”ですね。お笑い芸人さんらの影響力で “ポチャメン” 全体の好感度が高まっており、最近ではオシャレという印象もありますね。

 

倉科

「ポッチャリはデフォルトの状態で外見的にキャラ立ちすることができます。木下さんが、『昔のスマートな体型にはもう戻りたくない』と言っていましたが、第一印象でのインパクトの強さは強力です。

 

好感度の良さやとっつきやすさをポジティブにとらえつつ、友達以上恋人未満、不健康そうといったイメージを払拭するためにおしゃれだったり、一芸に長けているのではないでしょうか。

 

それでいて、ポッチャリということに対して背徳感がないのです。痩せなきゃいけないという後ろめたい気持ちがないので、心に余裕があるのでしょう」

 

 

―――キャッチフレーズに「Love & Large~心もカラダも大きな男は愛される~」ということを掲げていますね。体だけでなく、心の広いおおらかな男性は、顔も体型も関係なくモテると思います。

 

倉科

「そうですね。フィットネスクラブやアウトドアが流行っていますが、自分に運動ノルマや食事制限を科し、ストイックに見た目やライフスタイルを引き締めることが、そんなに素晴らしいことなのかと疑問に思ってしまいます。

 

自制的に高く意識を保ち、寡黙な生活を強いられることで、精神的に逼迫感をもっている人も多いはずです。それでは、なかなか心の包容力は生まれないと思います」

 

―――その通りですね。「~しなければならない」とがんじがらめで、仕事も恋愛もうまくいかないというのは、ポッチャリだけでなく、身長にコンプレックスがある人や、薄毛で悩んでいる人にも通じることではないでしょうか。

 

倉科

「ファッション6割、ライフスタイル4割と、『Mr.Babe』で取り上げるのはファッションだけではありません。ポッチャリの生活スタイルや心の持ちよう、つまり “メンタルポッチャッリ” にもフォーカスしていく予定です。心に余裕がある人は、ポッチャリ以上に好感がもてます。『Mr.Babe』は “ポジティブポッチャリ” を提言します!」

 

―――創刊号では、「大人女子がポッチャリメンズとつき合う理由とは?」、女性が語る「ポッチャリメンズとのNIGHT LIFE」など盛りだくさんですね。次号以降も楽しみにしています。

 

★★★祝!『Mr.Babe』創刊!★★★

デブを応援するための「デブ博」開催に向けたクラウドファンディングが始動!

『Mr.Babe』公式HP

ご購入はコチラから

 


DATA

『Mr.Babe

発売日:2015年10月26日

価格:680円

発売元:株式会社大洋図書

発売所:ミリオン出版株式会社

編集人発行人:倉科典仁

この情報は2015年10月30日現在のものです。

  • 1

TOP