連載
Urban Outdoor Catalog vol.30

世界初採用ファブリクスに注目!「BACH Garments」、2017FWコレクション

スイス生まれのバッグブランド「BACH(バッハ)」からデビューしたアパレルライン、それが「BACH Garments(バッハ ガーメンツ)」。「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダードの)」20周年記念と合わせて2017年の春夏にローンチした、トラベルに特化した機能性あふれるウェアが特徴だ。

 

秋冬コレクションの最大の特徴は、中綿に使われている特殊な素材「DACRON®(ダクロン)ACTIVE」に尽きる。これは「CORDURA®(コーデュラ)」で有名な、米国インビスタ社が手がける高機能な化繊中綿「DACRON®」を、世界ではじめてウェアに採用したもの。

 

少量でもカサが出る特性を持っているので、薄手ながらも高い保温性を確保。家庭の洗濯機でも洗えるイージーケアが魅力だ。ブランドディレクターを務める「バーリオ」の澤田篤宏氏に、おすすめのアイテムを聞いた。

 

撮影:高橋宏樹 文:Tadack(Green House)

 

 

Next≫≫≫BACHらしさ”全開! ロング丈の頼れる一着

 

 

◆絶妙な“ヌケ感”を「BACH」ディレクターが語った〈インタビュー編〉はコチラ

 

BACH

BACH Garments

BACH

1979年にアイルランドのキルケニーで創業。その後、拠点をスイスに移し、バックパックの専業メーカーとしてクライマーやサイクリスト、トラベラーを中心に人気を博す。アパレルラインの「BACH Garments(バッハ ガーメンツ)」は日本のオリジナル企画で、2017年の春夏より展開スタート。ファーストシーズンから売れ行きは好調で、今後の展開も要注目のブランドだ。

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP