連載
あの人が熱く語る! オレ流“叱り方”

叱られ続けて今がある。アントニオ猪木と歩んだ、規格外な半生【後編】

部下を叱れない大人が増えている。嫌われたくない、世代間ギャップ、叱られた経験が乏しい……要因は様々だが、働き盛りのビジネスマンの多くが「叱れないこと」を解決できないまま、そのストレスを抱え続けている。

 

そこで「For M」は、各界で活躍中の著名人に「叱り方」をテーマとするインタビューを敢行。成功者・人格者ならではの“哲学”を通じて「叱ること」の意味やその必要性、アプローチ方法を学んでもらいたい!

● ● ●

【前編】に続き、藤波辰爾さんをゲストにお招きして“叱り方”をテーマにインタビュー。その人柄からか、ホントに叱れない性分の藤波さんが、あろうことに師匠の猪木さんに手を上げた!? 付き人になりたてのときにアフリカ大陸に置き去りにされた!? 読めばわかるさ!

 

写真:貴田茂和   文:山田ゴメス

 

>> 藤波さんが起した、一世一代の謀反とは?

藤波 辰爾

プロレスラー

藤波 辰爾

1953年大分県生まれ。プロレスラー。アントニオ猪木に憧れ 1970年、同郷出身の北沢幹之選手を訪ね入門を志願。巡業先の下関にて無理矢理日本プロレス一行に押しかけ入門する。翌年、アントニオ猪木と共に新日本プロレスの設立に参加。以降、国内外で名勝負を重ね、日本のプロレス黄金期を支えた。1988年、試合中の怪我(椎間板ヘルニア)により戦線離脱。一時は再起不能とまで言われたが、1年3ヶ月にも及ぶ治療とリハビリの末、奇跡のカムバックを果たす。2007年に国内3500試合達成。2010年、プロレス人生40周年を迎え『藤波辰爾自伝』(草思社)を出版。今年3月、日本人プロレスラーとしてはアントニオ猪木に続き史上2人目となるWWE殿堂入りを果たした。

この情報は2015年4月20日現在のものです。

TOP