連載
小銭で買えるシアワセ「GOOD DESIGN小物」vol.13

グローバルスタンダードな「格子模様」が所有欲を熱くかきたてる!

テキスタイルの基本デザインのひとつに「格子模様」がある。英語で言えばチェック。市松模様や千鳥格子、碁盤縞に菱形格子、タータンチェックにギンガムチェックなどなど、さまざまな種類があるが、それらはすべて縦の線と横の線で構成されているのが特徴だ。

 

幾何学模様の一種だけれど、正方形の格子を碁盤に見立てるなど、単なる縦と横の線が作る模様を叙情的なイメージで捉えていておもしろい。世界中に格子模様はあって、土地の文化と結びついているのに柄としてはとても普遍的だから、グローバルに使われている、そのデザインとしての応用範囲の広さも魅力だ。

 

縦と横の線による模様といえば「方眼」も格子模様のひとつ。それをハンカチの柄にすれば可愛くならないはずがない、ということを見事に証明してくれたのがKino.Qの「メジャーハンカチ」。25cm四方のハンカチに1cm方眼を入れて、その上にモノを載せるだけで大体の大きさが測れてしまうというアイテムだ。

 

目盛りの入った機能としての方眼は、伝統柄の翁格子とほぼ同じデザインで、そこに現代性と伝統が見事に二重写しになる。いかにも方眼紙風にするのではなくて、格子模様のテイストを上手く使うことで、ハンカチとして見たときに「いい柄だな」と思える仕上がりになっているのだ。

 

写真:石井幸久

DATA

Kino.Q「メジャーハンカチ」

価格:972円(全5色)

問い合わせ先名:Kino.Q 紀(きの)

TEL:050-5832-5135

URL:http://kinoq.jimdo.com/ ※外部サイト

納富 廉邦

男のこだわりグッズ ガイド

納富 廉邦

「おとなのOFF」「日経トレンディ」「グッとくる文房具」「GetNavi」「夕刊フジ」などの雑誌をはじめ、書籍、ネットなど、さまざまな媒体で、文具などのグッズ選びや、いまおすすめのモノについて執筆。グッズの使いこなしや新しい視点でのモノの遊び方、選び方をお伝えします。

この情報は2015年10月30日現在のものです。

TOP