連載
元カノの妹と婚約したのですが、面倒なことになって困っています。

元カノは付き合い始めて3月ほどで、キツく束縛してくるようになりました。仕事で忙しくてLINEの返事が遅れただけで「なんで返事がないのか。浮気をしているのではないか」と責められました。また、休日は一日中ギチギチに詰められた予定に付き合わないと不機嫌になり「せっかく一緒にいられる日なのにヒドイ。私が大切ではないのか」と泣いて罵られ……。

疲れ切って別れを告げ、多少モメながらも元カノとはそれで終わったのですが、いろいろ相談していた元カノの妹と恋人関係になりました。

こちらとしては、別れた後に付き合い始めたので浮気ではないし、何も問題ないと考えていて、結婚前提でお付き合いを進めていました。ところが、最近そのことを知った元カノが激怒して「絶対許さない、結婚するなら訴える!」と言っているそうなのです。

その話が元カノから私の両親に伝わったせいで結婚を反対され、彼女自身も気持ちが揺らいでいるようです。自分はこのまま結婚したいのですが、彼女に危険が及んだら……と思うとこのまま別れた方が良いのかな、とも思います。

最初は駆け落ちしてでも彼女を守ろうと考えていたのですが、あちこちからいろいろ言われ過ぎて、どうしたら良いのか分からなくなってきました。自分はどうすれば良いのでしょうか? 乱暴な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

(コウタ/35歳/会社員)

あなたの幸せの影で流れた涙がある

A.武田先生がアンサー

 

元カノさん、それはそれはショックだったでしょうね。一時は世界で一番好きで、一番近くに感じていた恋人にフラれた挙句、もっとも身近で信頼できる妹にその大切な人をとられてしまったのですから。もちろん、コウタさんの気持ちが離れていったのは仕方のないことであり、決して妹さんが「とった」わけではないのも分かります。

 

しかしそれを分かってなお、元カノさんのショックは察して余ります。コウタさんの心がよりによって自分の妹に向いていたなんて。一番選んでほしくない相手かもしれないなー。もう、何を信じていいのか分からない状況ですよね。

 

傷つき打ちひしがれる自分を見ていながら、その相手と幸せになろうとしている妹の裏切りへの悲しみと憎しみ、コウタさんの残酷さに対する恨めしさ、プライドを傷つけられた羞恥心、可愛い妹の幸せを祝福できない情けなさ、非情な運命への絶望……といった、ありとあらゆる負の感情が元カノさんには渦巻いていることでしょう。

 

だからと言って、責任を感じてコウタさんが元カノさんと結婚をすることはできないでしょうし、する必要もありません。そして、その妹さんと結婚してはいけないとも思いません。

 

私も今までたくさんの人と出会ってきましたが、ほとんどの人とはすれ違うだけで、好きになる人、大切だと思える人と出会うのはそう簡単ではありませんでした。元カノさんには酷ですが、きっとコウタさんと現恋人の妹さんには強い縁があるのでしょう。ですから、もしコウタさんが彼女と結婚したいのであればしてください。コウタさんにだって幸せになる権利はあるのですから。

 

だけど、だけども。コウタさんの幸せの影で、たくさんの涙が流れたことは決して忘れないでください。元カノさんの傷心はもちろん、お姉さんを不憫に思い、妹さんを手放しで祝福できないお相手のご家族が抱える葛藤、自ら苦労を背負うコウタさんの未来を案ずるご両親の心労、そういうたくさんの人の気持ちを受け止めて、自分なりに相手の気持ちに寄り添うことが必要だと思います。

 

「あちこちからいろいろ言われ過ぎて、どうしたら良いのか分からなくなってきました」とありますが、「あちこち」の人たちの表面的な言葉ではなく、そのずっと奥にある思いとは何か? 意見は人それぞれでも、きっと皆さんの根底にあるのはコウタさんの幸せを願う気持ちのはず。面倒くさがったり、斜に構えて敵対したり、怯えたりせずに、真摯に相手の気持ちに耳をすませることができれば、コウタさん自身どうしたいのか自ずとクリアになりますよ。

武田 尚子

恋愛 ガイド

武田 尚子

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

この情報は2017年9月17日現在のものです。

TOP