連載
どうしても相談に乗っていただきたく、ご連絡いたしました。夫の本心が分からず、眠れないうえに食事も喉を通らない日々が続いております……。

W不倫を3年続けていたのですが、バレてしまったのです。というのも、仕事で留守にしている間に、隠していた中絶の明細書とその後服用している薬が見つかってしまいました。

その日は帰宅するなり、夫に半泣きで「僕も悪かった。やり直したいと思っているから、そのためにもキチンと謝って正直に話してほしい」と言われ、すべて正直に話しました。

翌日、夫に改めて「私が悪いので、慰謝料、離婚、親権、すべてあなたの言う通りにします。ただ、身勝手だけど、できればもう少し子どもの世話をさせてほしい。必要がなくなれば、私が出ていきます」と、謝罪メールを送信……。

夫からの返信はありませんでした。そしてその晩から毎日セックスするようになり、優しい気遣いもあります。

もともと夫は嫉妬深く執念深い人でした。その本心が分からない今、一体何を考えているのか、今後どうしたいのか、見当がつきません。

もちろん不倫相手とは決別していて、今は家族だけを見ています。しかし、このまま何もなかったように日常を送れるのか、送って良いものなのかと考えると恐くて眠れません。

夫はどう思っているのでしょうか? 私はどうするのが良いのでしょうか?

(かなこ/39歳/会社員)

離婚される日まで思い出作りと、収入を増やすことに励め

A. 藤田先生がアンサー

 

身勝手過ぎる選択の結果とは言え、W不倫をして妊娠、中絶、旦那さんとの修羅場、交際相手との別れを経験したわけですから、心身ともに相当ダメージを受けているかと。無理に食べなくていいので、水分と睡眠を摂るよう心がけ、まずは体を休めてください。悩むのも、先のことを考えるのもそれからです。

 

さて、「旦那さんがどう思っているか?」というご相談についてですが、一般的に考えて旦那さんの思惑は以下のいずれかだと思います。

 

1.急なことでどうしていいか決めかねているため保留

2.できないと思いつつも、やり直したい

3.子どものことを考えて別れなかったけど俺も浮気するぜ

4.許せないけれど浮気相手に取られるのは許しがたい

5.子どもの成長タイミングで離婚する

 

かなこさんのほうから「私が悪いので、慰謝料、離婚、親権、すべてあなたの言う通りにします。ただ、身勝手だけど、できればもう少し子どもの世話をさせてほしい。必要がなくなれば、私が出ていきます」と伝えたわけですから、もはや1~5のどれでもいいのではないでしょうか。

 

「今後どうすれば?」というご相談には、ハッキリ回答できます。離婚を切り出されるその日まで、子どもと旦那さんとの思い出作りに励むこと。そして、仕事を頑張って収入を増やしておくことをおすすめします。

 

お姉さんは、かなこさんの「今は家族だけを見ている」という言い回しの裏に「今は自分の気持ちを殺して家族のために尽くしている」という気持ちを感じ取ってしまいました。今後、辛くならないためにも「残り時間で思い出作りをさせてもらっている」と考えるようにしてみてください。

 

食事の支度、掃除、洗濯、買い物、休日のお出かけ……。あらゆる家族サービスを思い出作りと考えれば「反省してこんなに尽くしているのに」と辛くなることもないですし、許してもらえないことで逆恨みしなくて済みます。

 

浮気癖は治りにくいものです。年齢と反比例して浮気の機会は減っていくと思いますが、W不倫に走ってしまうくらいの情熱の持ち主ですから、また恋に落ちる可能性はあります。「何もなかったように日常を送れるのか考えると恐くて眠れない」とおっしゃいますが、かなこさんが再び家庭を壊す可能性も含め、先のことは分かりません。

 

現在、お仕事を続けているのでしたら辞めないこと。辞めてしまったのなら、新しい仕事を見つけましょう。弁護士の友人に聞いたところ、浮気をしてしまったケースであっても、やはり女性のほうが親権を持ちやすいそうです。

 

いずれは離婚になる可能性も考え、自分で食べていけるようにしておくのはもちろん、子どもを引き取って育てていける基盤は用意しておくのが良いでしょう。日本では母子家庭の約半数が貧困ですので、気合いを入れてキャリアを積んでください。

 

今は弱っているかもしれませんが、かなこさんには人の家庭を壊しても、夫や子どもを裏切っても、恋愛感情を優先できる図太さがあります。想いを信じて突っ走れる情熱もあります。これから起きる困難なこともきっと乗り切れるはず。自分の強さを信じましょう。やり直した人生、今度こそお幸せに。

 

 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

>>この連載のトップに戻る

 


 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

藤田 尚弓

話し方・伝え方 ガイド

藤田 尚弓

交渉・コミュニケーションの講師として、一部上場企業や大学などで登壇。ライフワークとして歴史上の悪女の研究を行なっており、テレビ出演やコラム連載など多彩なキャリアを持つ。株式会社アップウェブ代表取締役、早稲田大学オープンカレッジ講師、悪女学研究所所長、日本社会心理学会会員。「悪女の仕事術」「NOと言えないあなたの気くばり交渉術」「悪女の恋愛メソッド」「銀座で学んだ稼ぐ人のシンプルな習慣」著者。

この情報は2017年9月3日現在のものです。

TOP