連載
付き合って8ヵ月の彼女とは遠距離恋愛ではありましたが、同棲や結婚も考えているくらい心から大切にしていました。

ですが、仕事が忙しかったり上手くいかなかったりすると、彼女のことを考える余裕がなくなります。朝の「おはよう」や、寝る前の「おやすみ」さえ忘れてしまうのです。とはいえ、彼女のことを思い出したときに、「好き」「愛してる」などとLINEや電話で伝えるのは、白々しい感じがして避けてきました。

彼女のほうから、1ヵ月に一度は会いたいと言われていたのですが、それすらも叶えてあげられませんでした。やっとのことで、4ヵ月ぶりに彼女に会うことができたのですが、その頃には彼女は変わってしまったのです。

「愛が感じられず、大切にされている気がしない。同棲も考えさせてほしい」と言われました。

それ以降、電話をしてみたり、好きだと伝えたりしています。ですが、なぜか届いている気がせず、とうとう彼女から別れようと言われました。

自分も彼女の期待に応えられる自信をなくし、また期待に応えられなかった自分を責められていることに、少なからず逆上し、別れ話に応じてしまいました。

彼女によりを戻してもらえるよう、生まれ変わる気持ちで頼み込むべきなのか、無理だったものは無理と諦めて前に進むべきなのか……。この先、どうすればいいでしょうか?

また、愛情表現を照れくさいというか白々しく感じており苦手でした。女性に喜んでもらえる愛情表現というのはどういったものなのでしょうか?

女性に困ることはないのですが、いつも同じ理由でフラれてしまします。女々しい悩みですが、ぜひ相談に乗ってください。

(K/37歳/会社員)

彼女が許せなかったのはあなたが”脳内王様”だからでしょ

A.武田先生がアンサー

 

付き合って8ヵ月の遠距離恋愛なのに4ヵ月ぶりにやっと会ったって、付き合っている期間に2回くらいしか会えていない計算になりますけど!?

 

いずれにせよ距離が離れている上に、毎日の連絡はままならず、4ヵ月の間一度も会えていない関係性って、Facebookの友達くらい薄ーいつながりですよねぇ。これは誰がどうみても大切にされているとは言い難い状況。自然消滅を狙った手の込んだ芝居と疑われても仕方ありません。

 

彼女と会えない4ヵ月の間、Kさんは1日も飲みに行ったことはないのでしょうか。ゴルフやマッサージに行く暇もないほど仕事に忙殺されていたのでしょうか。もしそうなら、ブラック企業なので、健康のためにもすぐに転職をおすすめします。でも、きっと違いますよね。

 

彼女は、「愛している」なんて歯の浮くような言葉がほしかったわけじゃないですよ。彼女が信用ならなかったのは、Kさんのそーゆースタンスなのでは。

 

恋人と何ヶ月もの間、会わなくても平気でいられる神経。

 

恋人が連絡を取りたい、会いたいと願っても、それをスルーする神経。

 

相手の気持ちは軽視するくせに、自分は忙しくて大変なのだから仕方ないというこちらの事情を相手に押し付ける神経。

 

Kさんは、相手の心情を想像する気持ちが欠如しているように感じます。「女性に困ることはないのですが、いつも同じ理由でフラれてしまします」の一文にすべてが物語られていますね。恋人という以前に、男と女も人間同士。ましてや同棲や結婚は、恋とか愛とかの魔法が解けたあとの、人間対人間の日々の営みなので、基本の人間関係が築けない人には難しいのではないでしょうか。

 

「生まれ変わる気持ちで頼み込むべきなのか」とおっしゃっていますが、人間の性根なんて簡単には変わりません。さらに悲しいことに、Kさんはその解決法が根底から間違っています。あなたは「女は『愛している』とか分かりやすい愛情表現さえしてりゃ喜ぶんだろ!」と、どこまでも”脳内王様”なので、彼女と仮によりを戻せたとしても絶対にまたフラれますよ。

 

だたひとつ疑問なのが、4ヵ月も会わずに平気な彼女って、Kさん本当に好きだったんですかー???

 

もし、そこまで好きじゃない彼女だったら、日々の生活に流されて、おざなりになってしまうのは理解できます。時間や距離といったあらゆる障害を乗り越えて、なお会いたいと思うような情熱的な恋のお相手に巡り会えて初めて、Kさんの俺様な態度は改められるのかもしれません。

 

 

 

>>この連載のトップに戻る

 


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

武田 尚子

恋愛 ガイド

武田 尚子

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

この情報は2017年7月23日現在のものです。

TOP