連載
Q. もうずいぶんと褒められた経験がありません……。以前、大きなプロジェクトを成功させて昇進・昇給致しました。個人的にはかなり頑張った結果ですし、きっと妻も喜んでくれるだろうと思っておりました。ですが、妻が話題にするのは子どもの教育費や家のローンなどお金のことばかりです。

会社では、上司と部下の板挟みです。上司を持ち上げて、部下を労うばかりで、私も誰かに頑張りを褒めてもらいたい気持ちになります。まったく褒められないと言うわけではないのですが、現状では足りません。

先日、慣れないキャバクラへ行き、溜まった愚痴を聞いてもらいました。その瞬間は、お酒の力もあったので、スッキリしたのですが、酔いが覚めるのと同時に、虚しさが一層募りました。もう誰も自分のことを認めてくれないのではないか……なんてことも考えます。40歳も間近でいい年なんだから、とも思いますが、このまま誰も自分のことを褒めてくれないのかと思うとすごく寂しくなります。この「褒められたい欲」をどうすれば解消できますか?

(こじらせ男/39歳/会社員)

四十路オヤジの承認欲求を満たす3つの行動

A.藤田先生がアンサー

 

世の中には褒められたい人がたくさんいます。なのに褒める人は少ないですよね。しかも、褒めには「伝わりにくい」という特性があります。

 

ある雑誌の調査では「最近職場で人を褒めましたか?」という質問と、「最近職場で褒められましたか?」という質問の回答に大きな差が見られ話題になりました。「褒めは需要と供給が釣り合わない希少なもの」と言う人さえいます。

 

相談者さんは十分会社から認められていると思いますよ。お姉さんは社長になって10年ですが、社員の貢献を認める最大級の表現は昇給であると思っています。相談者さんは昇進も昇給もしたのですよね。会社は成果をしっかり認めているし、奥さんは言葉に出さずとも喜んだはずです。

 

それでももっと褒められたいと感じるのなら、待つだけでなく承認欲求を満たすように動いてみてはどうでしょう。

 

具体的には3つの方法がオススメです。

 

1.人を褒める

返報性という言葉をご存知でしょうか。何かをしてもらうと、お返しをしたくなるアレです。今日から人を褒めましょう。相手に伝わるよう具体的にしっかりと。このとき結果だけでなくプロセスにも言及すると、お世辞や社交辞令だと思われにくいです。褒められた人は返報性だけでなく照れも手伝って、かなりの確率で褒め返してくれるはず。長く続けると、人の良いところを認めるあなたの人間性も、褒めの対象になってきます。

 

2.欲をエンジンにさらなる成果をあげる

褒められたい。この強い気持ちをエンジンに、仕事でも家庭でも、目に見える成果を積みあげていきましょう。平凡な仕事ぶり、パパぶりで褒めてもらおうというのは難しいものです。頑張っているつもりでも、まだまだできることはあるはずです。もう一歩の頑張りは承認欲求だけでなく、その先にやってくる自己実現欲も満たしてくれるのでオススメです。

 

3.自分を認める

認められたい!という気持ちは、自尊心と密接な関係があります。毎日寝る前に自分自身を肯定する時間をとりましょう。たとえイマイチな成果でも「ここまでできた」「前に比べて○○は進歩した」と良いところを見つけるようにしてみてください。不思議と承認欲求で苦しむことが少なくなりますよ。

 

相談者さんは「もう40歳も近いのに……」とおっしゃいますが、年齢なんて気にする必要はありません。褒めてほしい、認めてほしいという思いは人間の持つ根本的な欲求のひとつ。あなたの周りの誰もが心の底に抱えています。

 

家庭を切り盛りしてくれる奥さん、プロジェクトをまかせてくれる上司、ついてきてくれる部下を褒めましょう。そして誰よりも自分のために頑張ってくれている「自分自身」を褒めてあげてください。

 

そんなことをしたら自惚れてしまうのでは? という心配は無用。ご存知のとおり、妻というのは批判が得意なイキモノ。あなたが自信過剰になる前にブレーキをかけてくれます。

 

 

>> この連載のトップに戻る

 


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

藤田 尚弓

話し方・伝え方 ガイド

藤田 尚弓

交渉・コミュニケーションの講師として、一部上場企業や大学などで登壇。ライフワークとして歴史上の悪女の研究を行なっており、テレビ出演やコラム連載など多彩なキャリアを持つ。株式会社アップウェブ代表取締役、早稲田大学オープンカレッジ講師、悪女学研究所所長、日本社会心理学会会員。「悪女の仕事術」「NOと言えないあなたの気くばり交渉術」「悪女の恋愛メソッド」「銀座で学んだ稼ぐ人のシンプルな習慣」著者。

この情報は2016年9月7日現在のものです。

TOP