連載
Q. 数年前から継父をしているバツイチです。中学生、高校生の二人の義理の娘を大切にしたいと妻に伝え、実子はいません。昔から人とのコミュニケーションが苦手で、女性経験は二人だけ。私自身、アダルトチルドレンだという自覚があり、なおかつ発達障害と診断されました。

問題は、高校生の娘(長女)の身体がだんだん大人っぽくなっており、目のやり場に困っています。強過ぎる倫理観からか、変な気は微塵も起きませんが、隙だらけの長女の足が目の前に迫ったりすると、やはりドキッとしてしまいます。

普通の男性が性欲真っ盛りの頃は、自分の悩みばかりで女性を意識していた記憶がありません。最近、若い女性を街で見かけると性欲なのか、憧れなのか、自分のなかに異性に対する感情が残っていることに、「邪魔だなぁ」と感じています。

立派な父親になりたいです。アダルトチルドレンのせいか理想の父親像が高過ぎるのかもしれません。私は変でしょうか?

(あつし・46歳/専業主夫)

欲情するのは当然、倫理観と危機感があれば心配無用

A. 藤田先生がアンサー

 

立派な父親になりたいだなんて。家庭を顧みないダメ男さんたちに囲まれているお姉さんは驚きました。こんな素晴らしい考えの男性もいるんですね。

 

「娘さんにドキっとしてしまう」という相談ですが、それも特別なことではないと思います。実の娘にだってドキっとすることがあるのが父親。まして実子でないのでしたら当然でしょう。

 

でも大丈夫。「人としてどう?」「社会的にどう?」といった倫理観も働けば、「健全な種を残せない」といった動物の危機感も働くはず。相談者さんは、強すぎる倫理観があるとおっしゃっているのでそこまで心配しなくてよいのでは?

 

まだ46歳ですから、異性に対する憧れもあって当然。ジャマだなんて言わなくてもいいと思いますが、いかがでしょうか。

 

それよりも気になったのは、肝心の奥さまの話がでていないこと。娘さんや街で見かける女性を性的に意識してしまうのは分かりましたが、肝心の奥さまに対してはどうでしょうか。いい夫婦関係を継続できていればいいのですが。

 

また、あえて改善点を指摘するなら、なんでも「アダルトチルドレンだから」と思ってしまうところでしょうか。

 

アダルトチルドレンでなくとも、発達障害でなくても、人間関係が苦手な人は多いですよ。社会や結婚生活になかなか適合できないお姉さんも、病院に行ったらなにがしかの病名をつけられることでしょう。でも病気と闘う必要もなければ、病名のもとに何かを諦める必要もないと思っています。

 

理想が高いのもアダルトチルドレンだからではないと思いますよ。理想が高いというのは、世の中のほとんどの人にあてはまること。だから相談者さんは変じゃないですよ

 

肩の力を抜いて気楽にいきましょう。人間は生きているだけで、周りの人に迷惑をかけてしまう生き物ですが、その反面、生きているだけでも周りの人を助けることもできる素晴らしい存在なのです。

 

 

>> この連載のトップに戻る

 


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

藤田 尚弓

話し方・伝え方 ガイド

藤田 尚弓

交渉・コミュニケーションの講師として、一部上場企業や大学などで登壇。ライフワークとして歴史上の悪女の研究を行なっており、テレビ出演やコラム連載など多彩なキャリアを持つ。株式会社アップウェブ代表取締役、早稲田大学オープンカレッジ講師、悪女学研究所所長、日本社会心理学会会員。「悪女の仕事術」「NOと言えないあなたの気くばり交渉術」「悪女の恋愛メソッド」「銀座で学んだ稼ぐ人のシンプルな習慣」著者。

この情報は2016年5月22日現在のものです。

TOP