連載
Q. 不倫して4年……未来がないとわかっているものの、既婚男性の余裕のある感じや、大人な感じ、お金の使い方、プレゼント、食事、旅行と同世代にはない魅力にやられています。

早く彼以外の人と幸せになりたいのにずっと心で一番は彼になっていて、すごく辛いです。彼は私以外の女性とも不倫をしているようで、それを咎めて、「もう連絡とらない!」と言った瞬間、まったく連絡が来なくなりました。毎日あんなにメールや電話のやり取りをしていたのに。

もうどうすればいいのか分かりません。このまま連絡が途絶えて終わってしまってもいいようにも感じますが、あまりにも中途半端でずっとモヤモヤ……苦しいです。
(ひー・30歳/会社員)

こじらせオヤジの「リア充ごっこ」は女・30が潮時

A. 武田先生がアンサー

 

不倫男の良心とでも言いますか、連絡を絶ってくれたのは、彼の“最後の優しさ”だったと思って忘れてはいかがでしょうか。今は、恋人を失ったことへの喪失感に苛まれているかもしれませんが、あなたが彼をどこまで愛していたかは不透明なので、私は悲観しておりませんぞ!

 

というのも、あなたは彼の寝顔を見たことがありますか? 不倫の仲ならば、4年間のお付き合いとはいえ、旅行で数回見た程度ではないでしょうか。ホテルで寝落ちした刹那の時間を合わせたとしても、両手で数えられるくらいかと推察します。

 

冷静に考えてみましょう。あなたは一体彼の何を知っているのでしょうか? あなたのいう彼の「大人な感じ」とは、裏を返せば「オヤジ臭さ」。わずかな時間では分からない、生活感を通り越した生活臭ダダ漏れの彼をあなたは本当に受け入れ、愛することができるでしょうか? よれよれのユニクロのスエットで、加齢臭を放ちながら疲れた顔で寝ている彼が放屁でもしようものなら、「詐欺だわ!!!」と思わないと言い切れますか? きっと思うはずです。

 

あなたが見ていたのは、自分史上最高にかっこいい自分を演じる、張り切ったオヤジの“最大瞬間風速”。あなたの言う「大人の余裕」は、あなたが愛人、つまり彼の現実生活には存在しない相手だからこそ彼が演じることのできる「素敵な自分」の象徴です。理想の中の彼は、いつも仕立てのよいスーツやシルクのパジャマでいますし、今後の人生に関わりのない相手なので言い争ってまで自己開示しようともしません。だからいつも穏やかです。この瞬間だけは完璧な自分でいたいと思うオヤジの作り上げた仮想理想空間に、あなたは脇役として存在していたのではないでしょうか。

 

若い子とおしゃれなレストランで食事し、こなれた会話に酔い、性欲を満たし、慕い尊敬してくれるあなたの視線に「俺、イケてる!」とさらに自信を得る。この中毒性バツグンのドーパミン分泌無限ループにハマった彼は、さながらSNSでリア充アピールして「いいね!」を欲しがるこじらせ女子のように、「いいね!」してくれる女性を探し回ります。あなたはその1人なのでしょう。だからこそ、彼はあなたに連絡をしてきません。「いいね!」してくれるのは、あなたでなくても構わないのですから。

 

そしてあなたもまた、その仮想理想空間の中で大人の男性の包容力と経済力を享受し、自分が特別なお姫様であるような万能感を得ていたのではないでしょうか。だとしたら利害は一致していた。未練は断ち切り、脳内アプリを削除して現実世界に戻ってきてください。こじらせオヤジが加工したりコラージュしたりして必死で盛りまくった「リア充ごっこ」というプレイの対象年齢は、女・30が潮時かと思われます。

 

>>この連載のトップに戻る


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

武田 尚子

恋愛 ガイド

武田 尚子

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

この情報は2016年4月6日現在のものです。

TOP