連載
Q. 最近異動になった部署に私より5歳年下の女性(34歳)がいます。会社でもいいポジションにいて、人望も熱いです。しかし、男っ気は一切なく、そういった噂も聞きません。まさに “鉄の女” といった感じです。

その女性は、私が異動してきてからというもの、化粧をしてアクセサリーなどをつけるようになり、日々色気が増しているような気がします。私の勘違いかと思いましたが、同僚らは「絶対気がある」と言ってきます。無論、私はその気がありません。

彼女の仕事っぷりは頼もしく、私にとっても会社にとってもかけがえのない存在です。ただ、エスカレートしていく彼女の変貌ぶりは社内でも噂になるほどで、私の居心地は悪くないのですが、社内の飲み会ではその話で持ちきりです。どうすれば上手にかわすことができるでしょうか。
(パブローさん・39歳/営業職)

“鉄の女”をなめてたら、えらい目にあいますよ!

A. 武田先生がアンサー

 

かわさずにすべてを受け止めてあげて! と言いたいですね。だって、「食事に行こう」とか「旅行しよう」とかアプローチされているわけではないのですから、かわしようもないし。パブローさんのために彼女が色っぽくなっている証拠は一つもないので。

 

私はむしろ、パブローさんが社内でネタにされてるんじゃないかなーって心配になりました。社内で余ってる誰かと誰かをくっつけようとして楽しむ、謎の遊びに興じる暇な連中って、いませんか? その鉄の女(以下「鉄子さん」と呼ぶとします)がパブローさんのことを好きだという体にして、パブローさんが鉄子さんにどう反応するのかを高みの見物をする悪趣味な遊びです。

 

だって、飲み会のたびに、その話で盛り上がってるんでしょう? 鉄子さんのいないところで。しかも、パブローさんは鉄子さんのことを好きでもないのに。なんか、感じ悪くないですかぁ? そういう答えのないどうでもいいことでずーっと盛り上がれるのって、やっぱりそのどうでもいいことそのものが目的になってるってことじゃないでしょうか。鉄子さんもパブローさんも社内の酒のいい肴というか。

 

仮に鉄子さんが日々女性らしく変化しているのが、パブローさんのためだったとしたら、彼女は鉄のルールを覆してパブローさんのために新しい自分に生まれ変わろうとしているんですから、つまんないことしか言えない噂好きの外野から彼女のことを守るくらいの気概がほしいですね。「鉄子さん、最近雰囲気かわったね。よかったら今度、食事でも、どう?」と自分から彼女に歩み寄る余裕がほしい。

 

案外、「いいえ、けっこうです。私、彼氏いるんで」とバッサリ断られて、告白してないのに振られたみたいになったりして……。鉄子さんをなめてたら、えらい目にあいますよ。

 

 


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

 

武田 尚子

恋愛 ガイド

武田 尚子

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

この情報は2015年1月7日現在のものです。

TOP