連載
Q. 私はある男性と5年近くデートしてます。彼は20年間結婚していて、子供も3人おり、浮気もせず家族のために働き、家事、子育ても手伝ったすばらしい父親でしたが、奥さんの浮気を発見して家を出て行ってしまった人です。

これをきっかけに、体重を120kgから70kgまで落とし、オンラインデートで毎年100人以上の人とデートし、今は誰ともコミットしたくないと言っています。私も初めのころはほかの人とデートしたりしていましたが、この一年ほどは彼にしか会っていません。

彼は私をまめに旅行に連れて行ってくれ、彼の誕生日も毎年一緒に過ごしています。そして、今年は両親に会いにいきます。前妻以来はじめて女性を連れて行くそうですが、私たちはあくまで友達です。

彼はほかの女性も旅行に連れて行っていて、毎週定期的に会っている女性もいるようですが、私は知らない振りをしています。

彼は47歳にしてモテ男になり、すっかり舞い上がっているようです。こういう人は一生浮気し続けるのでしょうか。基本的にはまじめな人だと思うですが。(Chinoさん・45歳)

「47の独身を謳歌するおじさん」ってモテない証拠でしょ

A. 武田先生がアンサー

 

初・女性からのご相談です。47歳で、20年間の結婚生活を経験していらっしゃるということは、若くして家庭を築かれ、男性として一番脂ののっているモテ期を犠牲にし、家族サービスに捧げて過ごされてきたのですね。抑圧から解放され身軽になり、今が青春とばかりに自由を謳歌しまくっているといったところでしょうか。

 

男性読者のみなさんも、家庭という基盤と、自由とお金がトレードオフだということはよくご存知のはず。女性視点からすると煮え切らない男性ですが、男性視点からすると、年間100人伐りはさておき、47歳バツイチ男性の境遇を考えれば、多かれ少なかれ共感できるものがあるのでしょうか…。ぜひご意見いただきたいです。

 

さて、本題に入ります。気になったのは「彼の誕生日も毎年私と過ごしています」「前妻以来はじめて」と自分が彼にとって特別であることを主張しつつ、「あくまで友達」だと予防線を張り、最後の質問は「一生浮気し続けるのでしょうか」と彼との未来を案じ、「基本的にはまじめ」だとエクスキューズする、相談者様の立場の脆弱さ。「友達」であれば、彼が他の女性と何をしようが「浮気」にはならないですよね。

 

間違っていたら申し訳ないですが、相談者様の心の混乱そのままの文章から推測するに、相談者様は彼のことが好きで、これから一緒にやっていきたいと思っている前提で回答させていただきます。

 

自分が彼にとって特別な女性であることらしい証拠を一生懸命拾い集め、必死に自分を安心させようとしても、不安は拭い去れないですよね。ご自身が感じていらっしゃる寂しさこそが、彼の気持ちの答えだと思います。彼はあなたを彼女にも、ましてや結婚相手だとも考えていないのではないでしょうか。

 

彼にとってあなたは、持ち駒の中では現在暫定1位なのかもしれませんが、責任をとる対象ではないのでしょう。1番がいるってことは、2番目もいるわけで。何かの拍子に番狂わせもありますよ。

 

「今は誰とも付き合う気がない」は、都合のいい女性をかわすときの男性の常套句。とか言っている男性が、一週間後に若くてかわいい彼女を周囲に紹介するなんて話はよくあること。

 

「誰ともコミットしたくない」のは、「あなたを含め、今の持ち駒に本命はいない」ということでは。彼は浮気をし続けているのではなく、あなたに本気ではないのだと思います。

 

それにしても、年間100人以上とデート、すなわち3日ごとに相手を替えるって、女性一人当たりのリピート率、低っ!!! 女性が「もう一度会いたい」と思わない男性を、モテるといえるのでしょうか。

 

彼は女性を振りまくっているのかもしれませんが、一人の女性をじっくり楽しませることもできず、不惑をとうに過ぎて、自分探しの旅に迷走する47のおじさんって、浮気以前に魅力があるのかギモン……。

 

同時進行で100人と付き合っているのだとすれば、どんだけ暇なんだよっていう一方で、もはや神業。職人芸として極めてほしいですね。

 

 

 


★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくは【コチラ】から!

武田 尚子

恋愛 ガイド

武田 尚子

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

この情報は2015年6月8日現在のものです。

TOP