NEWS SOURCE

“時計組立マイスター”の妙技を体感!―シチズン「カンパノラ」

【画像上・左から】2/8に発売された「カンパノラ」のムーンフェイズ36mmモデル「月讀」(つくよみ)、「璃朋」(あきほ)、「結弦」(ゆづる)/【画像下・左】40年近く時計のムーブメント組み立てに携わっている時計組立マイスターの荒井寛子/【画像下・右】「結弦」(右)とペアウオッチとして使えるケース径43.5mmの(左)「天満星」(あまみつほし)

「アテッサ」「プロマスター」「エコ・ドライブ ワン」etc……シチズンの数あるラインナップのなかでも、独創的なデザインと複雑機構を搭載し、ひと際異彩を放つ腕時計「カンパノラ」。スイスのラ・ショー・ド・フォンにあるラ・ジュー・ペレ社のムーブメントを搭載した機械式モデル、クオーツでありながらパーペチュアルカレンダーやミニッツリピーターといった複雑機構のメカニズムを搭載したコンプリケーションなど、“一度は所有してみたい”とは思うものの、コスト感を考えるとなかなか手が出せない……。

過去にそんなもどかしい思いをした読者にぜひおすすめしたいのが、今月リリースされた「カンパノラ」の新作、「月讀」(つくよみ)、「璃朋」(あきほ)、「結弦」(ゆづる)の3モデル。クオーツでありながらムーンフェイズを搭載し、価格は税別27万円(限定120本の「月讀」は税別30万)と、「カンパノラ」シリーズのなかではかなり手に入れやすい価格帯に抑えられている。

しかも今月末まで、GINZA SIXの「シチズン フラッグシップストア東京」で「カンパノラ」のフェアを開催中。新作の3モデルはもちろん、メカニカル・コレクションやエコ・ドライブ搭載モデルなど「カンパノラ」に触れるなら今が好機だ。

また、2/25(日)限定で「カンパノラ」の組み立て実演イベント&トークショーを開催。組み立て実演では、シチズンの飯田工場(長野県)で40年近く時計のムーブメント組み立てに携わっている時計組立マイスターの荒井寛子さんが、トークショーでは「カンパノラ」のデザイナー・大場晴也さんがゲスト出演する。荒井寛子さんは、厚生労働大臣表彰「現代の名工」であり、2018年1月に「日本ものづくり大賞(内閣総理大臣賞)」も受賞した、まさに「カンパノラ」を知り尽くすマイスターの名にふさわしい時計のスペシャリストだ。

組み立て工程を見れば「カンパノラ」がいかに精緻に作られたプロダクトなのかを実感できるだろう。この機会にぜひ実物に触れてみてほしい。

DATA

【カンパノラ フェア】
開催期間:2/28(水)まで
特典:フェア期間中に「カンパノラ」を購入した方にオリジナルグッズをプレゼント(なくなり次第終了)

【時計組立スーパーマイスター・荒井寛子による組み立て実演とカンパノラデザイナートークショー】
開催日:2/25(日)、11時30分~12時30分
入場:無料(電話予約での先着30名は席を用意、混雑時は立ち見や入場制限を行う可能性があります)

【上記の開催店舗】
場所:CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1F
電話:03-6263-9987
公式ウェブサイト:http://citizen.jp/flagshipstore/index.html

このページは2018年02月19日時点の情報です

TOP