NEWS SOURCE

“究極のハイボール”をもう飲んだか?「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が期間限定オープン!

オープニングイベントのスペシャルゲストには俳優の北村一輝が登場(上)。”アルティメットスコッチ”と評される「ジョニーウォーカー」で作るハイボールが「ジョニーウォーカー アルティメットハイボール」(左下)。世界一のバーテンダー・金子道人がライブで「ジョニーウォーカー クラフトハイボール」をふるまった(右下)

■”究極のスコッチ”と呼ばれる所以

世界の5大ウイスキー(スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本)の全世界販売数の50%がスコッチウイスキーだと言われている。また、そのスコッチの約20%が「ジョニーウォーカー」だという。つまりは、世界5大ウイスキーの消費の約10杯に1杯が「ジョニーウォーカー」というのが同社の言い分だ。

真相はさておき、「ジョニーウォーカー」が誇る世界シェアには揺るぎないものがある。19世紀前半からウイスキー作りに携わり、世界初のブレンデッドウイスキーをクラフトしたのも「ジョニーウォーカー」である。当時から専門家たちの間では「アルティメットスコッチ」と評され、1世紀以上多くの人に愛飲されてきた史実が何よりもの“証し”である。


■9種のスパイスで味わう”究極のハイボール”

その”アルティメットスコッチ”をハイボールで飲むなら、それは”究極のハイボール”となる。

このほど、六本木ヒルズ「ヒルズカフェ」に「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」をハイボールで楽しむ「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が期間限定でオープンした。「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」に1:3の割合でソーダを加えた「ジョニーウォーカー アルティメットハイボール」は、「スモーキーさ」「甘み(フルーティさ)」「樽香(ウッディさ)」を残し、「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」の新たな一面を再発見できる。

また、同コンセプトショップでは、グラスのふちに英国風ソルトやピンクペッパー、シナモンなどのスパイス(全9種から選択)をまぶした「ジョニーウォーカークラフトハイボール」も提供し、好みに応じた楽しみ方が体験できる。

9種のスパイスはチョコレートクッキーやココナッツロングなどの「Sweet」、セサミシュガーやスターアニスなど「Woody」と、多種多様なラインナップを用意。これを機にいつもとは一味違うハイボールを楽しんでみたい。

DATA

ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ
会場:ヒルズカフェ(六本木ヒルズ内)
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
期間:9月7日(木)~9月24日(日)
営業時間:平日/17:00~23:00、土日曜・祝日/12:00~23:00 ※ラストオーダーは22時30分
席数:46席
メニュー:
「ジョニーウォーカーアルティメットハイボール」(500円)/「ジョニーウォーカークラフトハイボール」(500円)/「nuts tokyo」のナッツ(300円)/「ダンデライオン・チョコレート」のチョコ(1,200円)

このページは2017年09月14日時点の情報です

TOP