NEWS SOURCE

初夏を走れ!―MARINE KNIT―

4月も中盤に差し掛かり、いよいよ初夏の香りが感じられる季節が到来しました。ファッションも徐々に初夏仕様になるにつれ、ネクタイにも変化を加えたいところ。

そこで「フェアファクス」が提案するのは、一枚仕立ての剣先タイプのニットタイ。一枚仕立てならではの軽やかな仕上がりに加えて、カラー展開も軽快感あふれるラインナップに。マリーンスタイルを彷彿とさせるネイビー×ホワイト、ネイビー×ロイヤルブルー、それにアイビースタイルの定番カラーであるネイビー×グリーンと、いずれのタイもスーツの胸元をさわやかにアレンジしてくれるはず。

剣先タイプなので、ジャケットスタイルはもちろん、サマーウールスーツのVゾーンに加えても◎。使用頻度の高いレジメンタルストライプタイ、その延長線上としても使える汎用性の高さも魅力です。

そもそもニットタイは、1950年代後半~1960年代にアイビーリーガーたちによって注目されました。当時の学生がどんな風に使っていたかというと、例えば自分が目指す研究室の教授との面接に向かうときに、B.Dシャツにチノパン、ブレザーを着てニットタイを合せていました。

映画『卒業』では、ダスティン・ホフマンがシアサッカージャケット+B.Dシャツにニットタイを、『007』のショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドは、グレースーツに白のドレスシャツ、それに黒のニットタイを合せるというストイックなスタイルがトレードマークでした。このように、カジュアルに思われがちなニットタイは、実は様々なシーンで活躍してくれる“紳士の頼もしい味方”なのです。

次第にクールビズスタイルのビジネスマンが増えていくこれからの季節。初夏の風が心地よい夕方からのお出かけタイムには、間違いなくこのニットタイが活躍してくれるはずです!

>> For M×FAIRFAX vol.1「ビジネスマンに捧げる基本の『キ』、水玉タイ」
>> For M×FAIRFAX vol.2「男気を増す“NAVY TRAD”」

DATA

レジメンタルストライプ柄ニットタイ「ミッドナイトブルー」、「ロイヤルブルー」、「グリーン
品番:15SS040A(画像左)、15SS040B(画像右上)、15SS040C(画像右下)|生産国:イタリア製|生地原産国:イタリア|素材:シルク100%|サイズ:剣先幅5.5cm×長さ144cm|価格:各1万4040円|問い合わせ先:フェアファクスコレクティブ|TEL:03-3497-1211|URL:http://www.fairfax-collective.com/ ※外部サイト

このページは2015年04月20日時点の情報です

TOP