NEWS SOURCE

アンディ・ウォーホル×ジェラード・マランガの名作が今に蘇る

(上)Originally Published in 1967, by Kulchur Press (c) Gerard Malanga (下)Benedetta Barzini from [Screen Tests / A Diary] (c) Gerard Malanga

アンディ・ウォーホルと、当時彼のアシスタントを務めていた詩人・写真家のジェラード・マランガ。1960年代、二人はウォーホルの作品制作スタジオ「ファクトリー」で実験映像を多数制作していた。その作品のひとつが、フィルムの一部をプリントした写真とジェラード・マランガの散文詩がレイアウトされた「Screen Tests / A Diary」なのだが、当時はほとんど売れず、在庫の多くが処分されてしまった。

現存する作品集は古書市場で50万円以上するレアブックになっているそうだ。そう簡単に手の届くものではないが、初版が刊行されてから50年目の節目となる今年5月12日に「Screen Tests / A Diary」の復刻版が刊行されることに。この機会に、ぜひ本作に触れてみてはいかがだろう。

本作には、ミック・ジャガーやルー・リードといったミュージシャン、トルーマン・カポーティやアレン・ギンズバーグなどの詩人、ニコやイーディ・セジウィックなどの女優やファッションモデルなど、60年代のアメリカ文化を牽引したキーパーソンらのポートレートが収められている。当時「ファクトリー」はこうした著名人らのサロンになっており、ニューヨークのカルチャーシーンの中心地となっていた。

カメラを向けられた人々がその前でただジッとしている様子を記録した本作は、ウォーホルが初期に手がけた実験映画として知られ、多くの著名人が斬新な「肖像」としてウォーホルに制作依頼したシルクスクリーン作品と同様に、新しいポートレートのあり方を美術史に刻んだ。

この復刻版は日本限定発売。復刻版の発売と同時期に展覧会も同時開催されるそうなので、こちらにも足を運んでみてほしい。

DATA

「Screen Tests / A Diary」
発売日:2017年5月12日
企画・発行:POST(株式会社limArt)
価格:4800円(税別) ※日本限定販売

<展覧会概要>
会場:POST
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
会期:2017年5月12日(金)~6月4日(日)、12:00~20:00(月曜休)

このページは2017年05月 9日時点の情報です

TOP