NEWS SOURCE

渋谷×菊地×森山、一度きりの奇跡のコラボレーション見逃すな!

それぞれの公演はまったく異なる曲目、ゲストで構成される。1日通し券もあり渋谷慶一郎を堪能できる一夜になりそうだ

12月4日、渋谷慶一郎が年末恒例となったピアノソロによるコンサートを開催する。今年は豪華なゲストを迎え、「Keiichiro Shibuya Playing Piano Plus」と題して東京・天王洲アイルの寺田倉庫で行われる。

渋谷のピアノソロとコンピュータを基調に、コンサートはマチネとソワレの2回の公演が行われ、それぞれまったく異なるゲスト、内容、演奏曲目となる。

16時からのマチネ公演には菊地成孔をゲストに迎え、全編ピアノとサックスによる初のデュオとなる。19時からのソワレ公演には森山未來をゲストに迎えて、ピアノとダンスによる共演が行われる。曲目の重複はなく、渋谷はピアノソロのみならずコンピュータとピアノによる新作も披露する予定だ。

マチネ公演のゲストである菊地成孔とは、渋谷がプロデュースと作曲を手がけ、太田莉菜がボーカルを担当した「サクリファイス」での共作以来のコラボレーション。コンサートでは初の共演となる。

今回は即興演奏だけではなく、ビル・エヴァンス、アントニオ・カルロス・ジョビン、デビット・ボウイといった言わば「スタンダード」をピアノとサックスでカヴァーすることにもなっている。

また、ソワレ公演のゲストである森山未來は、名和晃平とダミアン・ジャレによる舞台作品「VESSEL」にダンサーとして参加するなど、俳優のみならずダンサーとしても目覚ましい活躍を見せている。

森山の主演作品である『セイジ 陸の魚』の音楽監督を渋谷が担当しているという奇縁はあったが、今回が初めての共演となり「for maria」をはじめとした渋谷のピアノソロ楽曲に森山のダンスが重なる瞬間は見逃せないだろう。

渋谷はこのコンサートの直後に渡欧し、イタリア・ミラノでの公演が決定している。奇跡のコラボレーションが行われるたった1日だけの公演、入手困難のプレミアチケットとなることは間違いない。チケットはすでに発売開始となっている。


DATA

渋谷慶一郎コンサート「Keiichiro Shibuya Playing Piano Plus」

日時:2016年12月4日(日)

マチネ公演 15:00開場/16:00開演
出演:渋谷慶一郎(Piano)+菊地成孔(Sax)

ソワレ公演 18:30開場/19:30開演
出演:渋谷慶一郎(Piano,Computer)+森山未來(Dance)

会場:天王洲・寺田倉庫本社ビルG3-6F
住所:東京都品川区東品川2-6-10  
チケット:前売り1日通し券 先行発売 1万円(税別)
<前売>各回 6000円(税別、11/11(金)発売開始予定)
<当日>各回 7000円(税別、前売り券完売の場合は発売しません) 

※1日通し券が完売の場合、各回券の発売は行いません。
Peatixのみ取り扱い、発売中。
http://peatix.com/event/212295

出演:渋谷慶一郎、菊地成孔、森山未來
音響:金森祥之
空間構成:涌井智仁
主催:ATAK、株式会社グーテンベルクオーケストラ
プロデュース:渋谷慶一郎、菅付雅信
ケータリング:VEGEしょくどう x ferment books
協力:TERRADA、スタインウェイ・ジャパン株式会社、PROUÈS Sellier-Maroquinier、
    PATRON、Studio ATLAS
問い合わせ:info@atak.jp, info@gutenbergorchestra.com

※当日先着順に入場、全着席形式。
※1日通し券をお持ちの方はマチネとソワレの間のお時間も会場内に留まることが可能です。会場内には簡単な飲み物と食事のスペースがあります。 

このページは2016年11月13日時点の情報です

TOP