NEWS SOURCE

“お利口さん”なビジネスマンを再教育する「安い・早い・汚い」アート写真展

Robert Frank Tunnel (video still), color and black & white, 4 minutes, 2005 © Robert Frank

11月11日(金)より、現代写真と映画に大きな影響を与えた巨匠ロバート・フランクの活動を振り返る展覧会「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」が開催される。本展覧会はフランクの作品が一堂に会する貴重な機会だが、『For M』読者のビジネスマンたちが行くべき理由はそれだけではない。

彼のオリジナルプリントは非常に繊細な扱いを要するため数千万円もの値がつき、展示される機会が限られている。そういった事態を解消するために企画されたのが本展覧会なのだ。

本展覧会でフランクの作品はドイツの廉価な新聞用紙に印刷して展示され、会期の終了とともに破棄される。このユニークな展示方法はアートブック界の重鎮ゲルハルト・シュタイデルとの協業により実現したもので、フランクの作品は世界中の大学や学校などの教育機関を会場として世界50都市を巡回する。

10都市目となる東京展は、東京藝術大学で開催される。学生がイベントの運営全般を任されているが、これは本展覧会のメインテーマとも言える「教育」を意識したもので、展覧会のほかにもフランクのメッセージが込められたさまざまなイベントが開催される。さらに、作品はわずか500円で販売されるため、より多くの人がフランクの作品を手にできるのだ。

本展覧会の原案がフランクのもとに届いたとき、彼は「安くて、素早くて、汚い。そうこなくっちゃ!」と言ったそう。アートを特別なものとして大衆から遠ざけ、“売買と消費”を繰り返す美術市場に疑問符を投げかける本展覧会は、フランクにとっても私たちにとっても有意義なものと言える。

組織のなかで長年働いてきたビジネスマンの多くは理不尽なことに直面したとき、「そんなものだ」と自分に言い聞かせ、迎合することに慣れてしまっていないだろうか。御歳92歳となる世界的写真家ロバート・フランクが閉鎖的なアート業界に対して繰り出したカウンターパンチは、そんな思考停止してしまったビジネスマンにこそ響くはずだ。

DATA

<展覧会>
「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」
会期:2016年11月11日(金)~11月24日(木)※会期中無休
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館
住所:東京都台東区上野公園12-8
URL:http://steidlxtua.tumblr.com/
入場料:無料

<イベント>
●ゲルハルト・シュタイデル ワークショップ
日時:2016年11月9日(水) 13:00~16:00(12:30開場)
会場:東京藝術大学 美術学部 絵画棟1階 大石膏室
定員:見学先着30名

●ゲルハルト・シュタイデル レクチャー「印刷は死なない:デジタルな世界のアナログな本」
日時:2016年11月10日(木)15:00~16:30(14:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着150名

■ゲルハルト・シュタイデル レクチャー「Robert Frank: Books and Filmsメイキング」
日時:2016年11月10日(木)20:00-21:00
会場:東京藝術大学 総合工房棟3階 プレゼンテーションルーム
定員:先着100名

●新作ドキュメンタリー映画『Don’t Blink - Robert Frank』上映会
日時:11月23日(水)13:00~(12:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着60名

●鈴木理策×松下計 シンポジウム『PHOTO & PHOTOBOOK(仮)』
日時:11月23日(水・祝)15:00~(14:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着150名

●クロージングイベント
日時:11月24日(木)19:00~
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館
定員:先着100名

※上記イベントはすべて事前予約制につき、詳しくはウェブサイト

このページは2016年10月31日時点の情報です

TOP