NEWS SOURCE

フィルム時代の“奇跡の遺産”が蘇る、究極のアート写真展「PROOF」

左下がトマシュ・グゾバティ、右下がゲルハルト・シュタイデル。写真展「PROOF」は東京を出発点に全世界巡回を予定しており、同タイトルの写真集も刊行。6月25日(土)には、代官山蔦谷書店にてブックサイニングイベントが開催される

デジタル写真は便利だ。私たちはiPhoneなどのデバイスから、大量の写真をいつでも気軽に撮ったり見たりすることができる。さらに、古い写真をデータ化し、劣化させることなく管理することも当たり前になった。しかしそのような利便性がある一方で、自分が撮ったものを含め、ネット上に溢れる写真のどれもが画一的で、おもしろみに欠けると感じている人も多いのではないだろうか? そこで、デジタル写真に慣れ親しんだ私たちに写真本来の感動を呼び覚まさせてくれる、刺激的な写真展をご紹介しよう。

6月25日(土)より、代官山「SPEAK FOR B1F /B2F」にて開催される写真展「PROOF」。これはポーランドのドキュメンタリー・肖像写真家のトマシュ・グゾバティが所有するインスタント写真を用いた展覧会で、世界最高峰のアート出版社と評される「シュタイデル(Steidl)」の設立者ゲルハルト・シュタイデルがプロデュースしたものだ。

「PROOF」の作品群は「Polaroid TYPE 55」というフィルムを使ったインスタント写真をもとに構成される。このフィルムはテスト撮影などに使用された後、通常は破棄されるものだが、トマシュの管理下で長い年月を経て人知れず熟成した結果、“奇跡の遺産”に生まれ変わった。色褪せや感光不足など多くの偶然が重なり合い、予測不能な化学変化によって思いがけず強い芸術性を宿したこれらの写真は、“新しい表現の境地”をあらわしているとともに、人為的には決して生み出せない究極のアート作品と言える。

トマシュ自身がこの作品を「写真が持つ“不完全性”を証明したもの」と語るように、時間の経過や偶発的な要素によって生み出されたアンコントローラブルな図像は、写真のひとつの本質をあらわしている。それはアナログプリントが持つ不完全性であり、高機能なデジタルカメラでは写し出せない繊細な美しさと写真の可能性をはらんでいる。

見る人を惹きつける刺激的な写真とは、高度に加工されたものばかりではない。たとえアートや写真家のことがよく分からなくても、これらが偶然に生み出された奇跡的な一枚であるということだけで、感動も深まるはずだ。アナログプリントが持つ不完全な魅力と驚くべき可能性を、ぜひその目で確かめてみてほしい。

DATA

「Tomasz Gudzowaty, PROOF」
会期:2016年6月25日(土)~7月1日(金)
会場:SPEAK FOR B1F /B2F
住所:東京都渋谷区猿楽町28-2
開廊:11:00~19:00
URL:http://post-books.info/news/exhibition-tomasz-gudzowaty-proof ※外部サイト

<ブックサイニングイベント>
日時:2016年6月25日(土)
時間:19:30~21:00
会場:代官山蔦屋書店 2号館1F
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5

このページは2016年06月22日時点の情報です

TOP