NEWS SOURCE

“夏の紳士の胸元”は、ネイビー&ホワイトのポケットチーフで涼感をプラス!

夏のジャケットスタイルはなるべく涼しげに着こなしたいもの。いつものジャケットに挿し色として“ブルー”の小物を使えば、ほどよい軽快感を演出することができるのです。その際に重宝するのがブルーグラデーションのポケットチーフ。胸元に挿すだけで、夏の香りをさりげなく感じさせるアクセントになってくれるのです。

今シーズン、「フェアファクス」はネクタイやボウタイにブルーやネイビーをコーディネートする“ブルードレスアップ”を提案してきました。そもそも白リネンのポケットチーフを使えばコーディネートはキレイにまとまりますが、もうワンランク上の遊び心を胸元に加えたい時は、ブルー系のポケットチーフを選びたいところです。

夏本番になり、出勤や打ち合わせなどの外出時にアンタイドになる方も多いはず。そんな時こそ、ぜひジャケットの胸元にブルー系のポケットチーフを挿してみてください。より華やかに、大人の遊び心を演出できるはず。ここぞという「ハレの日」の場でネクタイや蝶ネクタイと合わせれば、フォーマルな雰囲気をグッと引き締めてくれます。

「フェアファクス」のポケットチーフはデザインのみならず縫製にもこだわりがあります。ヘム(縁縫い)の部分は手巻きの手縫い仕様で、手縫いならでは立体感を胸元に生み出すことができます。サイズも40cm×40cmと比較的大判なので、適度なボリューム感が演出できるのも特徴です。チーフの柄も、定番のドット柄から小紋柄&ペーズリー柄のパッチワーク風、4面切り替えのグレンチェック柄などバリエーションも豊富。

柄のポケットチーフは、TVホールド、クラッシュド、パフドなど挿し方によって色々な表情を見せることができるアイテムです。プリントの美しさを楽しみながら、この夏は手持ちのジャケット+ブルー系チーフのコーデを、ぜひお試しあれ!

>> For M×FAIRFAX vol.1:「ビジネスマンに捧げる基本の『キ』、水玉タイ」
>> For M×FAIRFAX vol.2:「男気を増す“NAVY TRAD”」
>> For M×FAIRFAX vol.3:「初夏を走れ!―MARINE KNIT―」
>> For M×FAIRFAX vol.4:「米英伊のテイストをミックス。シャツ姿がサマになる一枚」
>> For M×FAIRFAX vol.5:「夏の夜のパーティは、ボウタイで“BLUE FORMAL”を!」

DATA

フェアファクス「ポケットチーフ
品番:15SS058C(画像左上・右下)、15SS058B(画像左下)、15SS058F(画像右上)|生産国・生地原産国:日本|素材:シルク100%|サイズ:約40cm×40cm|価格:各4320円|問い合わせ先:フェアファクスコレクティブ|TEL:03-3497-1211|URL:オフィシャルサイト ※外部サイト

このページは2015年07月13日時点の情報です

TOP