車、宿、レストラン…[For M]
For M もう一人の自分と出会う[フォーエム]
クリップする メールマガジン All About
最終更新日:7月7日
 
 
For M トップページ 特集「傑作を生む男の道具」
11月01日更新
特集 写真に生命を吹き込む高画質・高機能 傑作を生む

男の道具
特集 写真に生命を吹き込む高画質・高機能 傑作を生む

男の道具
優れた画質や、多彩な機能を持つデジタル一眼が
人気を集めている。高画質であること、
そして使いこなすほどに自由な撮影をサポートする
充実の機能を持ち、男の“道具”としても不足ない。
そんな条件を満たす新モデルとして登場したのがペンタックスの「K10D」だ。撮影の相棒として手になじむこのカメラを持って街に出れば、何気ない風景にも命が吹き込まれ、思わずシャッターを押したくなるシーンが眼前に広がる。

撮影/河田一規、文/土田康弘
Profile 河田 一規
写真家としての活動に加えてカメラ雑誌のインプレッションでも活躍する河田氏。ペンタックスの各モデルの使いこなしにも詳しく、「K10D」の魅力を引き出す撮影やシーンのアドバイスをもらった。
INDEX
PAGE 01 デジタル一眼である理由 PAGE 02 K10Dの実力を撮影で実践
PAGE 01 デジタル一眼である理由
デジタル一眼のアドバンテージを享受する
人気を集めるデジタル一眼だが、そもそもコンパクトデジカメに比べてのアドバンテージはどんな点にあるのだろう。写真家の河田氏にまずはデジタル一眼の魅力について聞いた。

「ひとつは撮影するシーンや被写体に合わせたレンズ選びや露出制御ができることです。例えば身近なポートレート撮影でもその差が現れます。美しいポートレートは人物などを背景から浮き上がらせて撮るのがコツ。そのときに背景の“ぼけ”を美しく演出するのがレンズの能力です。
しかしコンパクトデジカメに装備されている焦点距離の短いレンズでは“ぼんやりした背景の中にくっきりと浮かび上がる人物”といった効果が得にくいんです。質の高い交換レンズを多数用意しているデジタル一眼ならこのようなポートレートはもちろん、広角から望遠まで用途に合わせたレンズ群を選べるのが魅力です。」

ところでカタログで見る画素数はデジタル一眼もコンパクトデジカメも差がなくなってるように見えるが?

「デジタル一眼の撮影素子(CCD)はコンパクトデジカメに比べて実に約10倍以上のサイズを持っています。つまり同じ画素数であっても光を受ける面積が大きいというわけです。これが美しい写真には大切な点です。結果的にはノイズの少ない美しい画質、そして明るいところから暗いところまでを幅広く表現できる能力も高くなるんです。そのため絶対的な画質はデジタル一眼の方が高くなると言うわけです。画質は画素数(解像度)だけで決まるものではありません。」
良いデジタル一眼を選ぶポイントは画質だけではない
そんな魅力的なデジタル一眼だが、さまざまな性能や機能の中からどんなポイントを考慮して自分に合ったモデルを選べば良いのか。

「良いカメラの基準はもちろん画質が良いことです。今回撮影に使ったペンタックスの「K10D」は有効1020万画素の高い画素数はもちろんですが、被写体の明暗やトーンを滑らかにナチュラルに表現することができる高性能なA/D変換や画像処理エンジン「PRIME」が搭載されていて、画質の点で非常にポテンシャルが高いでしょう。」
画素数や画像処理エンジンなどの基本スペック=デジタル一眼の画質の良さにつながるのだろうか。

「画質は総合的なものですからそれだけでは判断できません。今注目されているのは手ぶれ補正とCCDへのホコリ付着を防ぐ機能です。
まずは手ぶれ補正です。機動性を大切にするからこその手持ち撮影の場合、手ぶれで写真のシャープさが失われることもあります。暗い環境はもちろんですが、通常は大丈夫と思っているシャッタースピードでも微妙な手ぶれが起きていることもあるんです。これを防いでくれるのが手ぶれ補正です。
またCCDの前に付着したホコリは写真ではツブツブの汚れになります。いくら高画質な心臓部を持っていてもこれでは良い写真は撮れません。特にデジカメでは重視される機能です。
これらの2つの機能はこれからのデジタル一眼のベーシックな機能になるでしょう。それを両方搭載しているのが「K10D」です。より高画質な写真を撮るためのポイントはここですね。」
絞り値:F2.4、シャッター速度:1/8秒、ISO感度:800
 
手になじむ男の相棒になりうる道具を選ぶ
次にデジタル一眼を道具として選ぶ場合に、手に持って出かけたくなる“もの”としての魅力も欠かせない一面だ。

「カメラはシャッターを押す、ダイヤルを操作する、ファインダーを見る、など体と一体になって使う道具ですから特にフィーリングが大切です。グリップを握った感覚もモデルによって違いますからしっくり来るものが良いでしょう。またシャッター音も心地よさにつながるので大切なポイントです。さらに「K10D」が優れているポイントは視認性に優れたファインダーです。普及クラスのデジタル一眼に多いペンタミラーではなくガラスのペンタプリズムを使っていること、そして倍率も高いため“よく見える”んです。ファインダーの視認性が高いことは撮影が心地良くなる大きな要素なんです。これらのフィーリングは売り場でぜひ試して下さい。」

使いやすいデジタル一眼を考えるときに、チョイスの要素となる点は他に何があるのだろうか。

「風景写真やポートレートなど野外で撮影するシーンが大半を占めると思います。そんなとき、特に注目したいのは「K10D」の防塵・防滴構造です。シーリングを施したボディは少々の水滴は気にせず撮影に専念できるのです。」
※写真のレンズは、防塵防適仕様ではありません。
PAGE 02 K10Dの撮影実践編はこちら
K10Dのスペシャルサイトはこちら
INDEX
PAGE 01 デジタル一眼である理由 PAGE 02 K10Dの実力を撮影で実践
次のページ
For Mトップページへ戻る page top
提供:ペンタックス株式会社
この情報は2006年11月1日現在のものです
ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ファッションからクルマ、住まい、グルメまで、上質でクラス感のあるライフスタイル情報を毎週木曜にお届けします。登録は無料です。 内容の詳細はこちら »
  ※携帯電話のメールアドレスでは登録できません
このメールアドレスでHTMLメールを受け取っても良い
HTMLメールを受け取りたくない方は、上のチェックを外してください。
テキスト版メールマガジンをお送りします。
今後、より良いFor Mを作っていくためにモニター調査を実施する予定です。ご協力いただける方は下のボタンをクリックして応募フォームよりご自身についてご登録下さい。

DORON
会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼広告掲載ガイド募集プライバシーポリシー著作権/商標/免責事項ISIZE
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。