車、宿、レストラン…[For M]
For M もう一人の自分と出会う[フォーエム]
クリップする メールマガジン All About
最終更新日:7月7日
 
 
forM トップページ 商品レビュー「大人が嗜む希有な酒」
9月21日更新
商品レビュー
日本酒の奥深き味わいに魅了される 大人が嗜む希有な酒
“本当にうまい日本酒”に出会ったとき、人はあらたな愉しみを知る。そのあたらしい価値観を体感させてくれる酒が、松竹梅 白壁蔵<山廃特別純米><山廃大吟醸>氷室蔵3年甕貯蔵である。うまい酒を造り出す米と水と人、そして伝統的な手造りの原理を再現する最新の設備…。これらの条件をすべて満たした希有な酒を、じっくりと3年もの歳月をかけて寝かせる。“いま”という時代だからこそ生まれた銘酒は、男のこころを解きほぐし、魅惑的なひとときをもたらしてくれる。
文:いとうゆうじ 写真:金田邦男
Part 1 Part 2
01 灘にある日本酒の聖域 白壁蔵へ
02 「氷室蔵」に眠る美酒との出会い
03 芳醇を愉しむ大人の味わい方
04 希代の銘酒に合うシンプルな肴
Part 1
01 灘にある日本酒の聖域 白壁蔵へ
“うまい酒”を造るためだけに 存在する日本酒の聖域
うまい日本酒を醸すには、原料である米の選定が重要であることは言うまでもない。だが、どんなに厳選された素材を持ってしても、そこに人の手が加わらなければ、酒はできない。杜氏をはじめとする酒造りに関わる人の“醸す心”が、奥行きのある味わいを生み出すのだ。香りを愉しみ、喉越しを感じ、熟成されたコクを味わう。それは、日本酒が味わう愉しみの幅が広い酒であることを教えてくれる。
特に灘の酒、といえば宮水を使用した歴史ある日本酒の生産地として知られる銘酒。その聖地に、純粋に“うまい酒”を造るためだけに誕生したのが、松竹梅 白壁蔵なのである。先に述べた厳選された素材と伝統ある酒造りの技法、徹底された品質管理に必要な最新の設備が融合して、現代ならではの美酒は造られる。この蔵が従来の蔵と一線を画す理由は「設備はあくまでも人が使うもの」だということを理解している点が大きい。ここでは、人でなければわからない味、手ざわり、音などの繊細な感覚を実現するために必要なのが、設備なのである。
白壁蔵が目指す酒造りにはもうひとつ、必要なものがあった。杜氏という酒造りを司る存在である。この白壁蔵で杜氏を務める三谷藤夫氏は、日本酒の世界では神格化されるほどの名杜氏として世に知られる人物。現在は10月半ばから4月半ばまで白壁蔵で杜氏として務め、それ以外の季節は自身で酒米を生産している。杜氏であることを仕事とは考えず、生きることそのものと考えているからこそ“特別な蔵で造られる特別な酒”、「氷室蔵3年甕貯蔵」は誕生した。
杜氏 三谷 藤夫 氏
昭和7年生まれ。兵庫県美方郡(みかたぐん)温泉町(おんせんちょう)出身の但馬杜氏(たじまとうじ)。16歳で酒造りの世界に入り、昭和29年から宝酒造灘工場(現:白壁蔵)で酒造業に携わる
02 「氷室蔵」に眠る美酒との出会い
−5℃、甕で寝かせる「氷室蔵」に知る 日本酒のあらたなる魅力
「氷室蔵3年甕貯蔵」は、−5℃という環境のなかで、甕に入れた日本酒を3年間寝かせたオリジナリティの高い酒である。<山廃特別純米>と<山廃大吟醸>の2種類のラインナップで展開され、純米は丸みを帯びたどっしりとした旨味が特徴。一方、大吟醸はなだらかな稜線を描くように続く吟醸香の長い余韻、甕で熟成されたまろやかさが際立つ。この2種類の酒が眠るのは、白壁蔵の一角、奥まった場所にひっそりと存在している氷室蔵。そこは、この蔵が特別なものであることを示すような冷気が漂う別世界である。
甕のなかで穏やかに熟成される聖域へと案内してくれた白壁蔵 工場長の西村氏はこの酒をこう表現する。「いままでにない落ち着きを持った、安心感のある味」。そして甕で貯蔵する前、選び抜かれた素材で造られた原酒を飲んだときの話を伺うと「ものすごくうまい酒ができたと思った。このまま商品化したいと思うほど」の味わいだったという。
「いい清酒を造るには、人は欠かせない。どんなに機械が発達しても麹の仕上がりなど、人が触らなければ判断できない工程がある。最新の設備と“うまい酒を造りたい”という純粋な気持ちの両方を併せ持つのが、この白壁蔵なのです」。西村氏の言葉を聞くと、本当に酒造りを愛していることが、ひしひしと伝わる。「氷室蔵3年甕貯蔵」が甕で過ごす3年もの間、同じ思いで人々は見守る。その気持ちがこの酒に、独特なまろやかさ、旨味、落ち着きある味わいを生み出すのかもしれない。
宝酒造株式会社 白壁蔵 工場長 西村 英喜 氏
昭和23年、兵庫県生まれ。昭和47年に宝酒造(株)入社。以来、多くの消費者に納得してもらえる酒を造り続けることに全力を注ぐ
奥深き味わい、芳醇なるまろやかさ
松竹梅 白壁蔵 <山廃特別純米><山廃大吟醸>氷室蔵3年甕貯蔵
数量限定販売
オンラインショップ「宝mono館」でも購入できます。
白壁蔵オリジナルサイトはこちらから
「宝mono館」へはこちらから
Part 1 Part 2
01 灘にある日本酒の聖域 白壁蔵へ
02 「氷室蔵」に眠る美酒との出会い
03 芳醇を愉しむ大人の味わい方
04 希代の銘酒に合うシンプルな肴
 
次のページ
for Mトップページへ戻る page top
提供:宝酒造株式会社
この情報は2005年9月21日現在のものです
【こちらの特集にご感想をお寄せください】
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ファッションからクルマ、住まい、グルメまで、上質でクラス感のあるライフスタイル情報を毎週木曜にお届けします。登録は無料です。 内容の詳細はこちら »
  ※携帯電話のメールアドレスでは登録できません
このメールアドレスでHTMLメールを受け取っても良い
HTMLメールを受け取りたくない方は、上のチェックを外してください。
テキスト版メールマガジンをお送りします。
今後、より良いFor Mを作っていくためにモニター調査を実施する予定です。ご協力いただける方は下のボタンをクリックして応募フォームよりご自身についてご登録下さい。

DORON
会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼広告掲載ガイド募集プライバシーポリシー著作権/商標/免責事項ISIZE
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。