連載
俺たちの税金はどこへ行く◆第1回

1900億円の新型ロケットはなぜ必要なのか? ~「H3」プロジェクトの最前線~

毎日働き続けて必死の思いで手にしたお金の一部は、“税金”と名を変え私たちのもとを去っていく。こうして国民から集められた税金は、私たちみんなの生活を豊かにするために使われているはずなのだが、税金がどのように使われ、生活に還元されているかはなかなか実感する機会がない。

 

俺たちの税金はどこへ行くのか――その真実を明らかにすべく「For M」編集部は、現在巨額の税金が投入されている現場に足を運び、その実態を直撃取材する。

 

写真:貴田茂和 文:砂山幹博(cube)

●●●

 

連載第1回目のテーマは「宇宙開発」。あまり身近に感じない分野かもしれないが、宇宙開発関連には毎年およそ3000億円の税金が充てられている。その約半分、1500億円の対象機関が、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用までを担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)だ。 JAXAでは現在、2020年度の試験(機)打上げに向けた新型ロケット「H3」の開発プロジェクトが進行中で、その事業規模は1900億円にも上る。

 

ロケットといえば、2015年は油井亀美也宇宙飛行士がロシアのロケットで国際宇宙ステーションへ飛び、帰還したシーンが記憶に新しいが、日本のロケットが運んでいるのはヒトではなくモノ。通信・放送、天気予報やGPSといった地球上のあらゆるサービスを可能にする人工衛星がメインだ。

 

現在、JAXAが宇宙へ人工衛星を輸送するのに使っているのは、これまで連続24回の打ち上げに成功している「H-IIAロケット」。そんな実績のあるロケットがあるのならば、わざわざ税金を使って新型ロケットを作らなくてもいいのでは? という意見も当然出てくる。そんな疑問を晴らすため、「For M」編集部はH3ロケットの開発に携わる岡田匡史さんに直接話を伺うことに成功した。

 

岡田さんは、東京大学で航空学の修士課程を修了後、NASDA(JAXAの前身)でロケットエンジン開発試験を担当したほか、H-IIAロケットのプロジェクトチームの一員として液体燃料ロケットの開発にも携わったバリバリのロケットエンジニア。きっと、こちらの疑問がすっきり晴れるような話を聞けるだろうと、私たちは岡田さんの待つJAXA筑波宇宙センターへ向かった。

この情報は2016年2月19日現在のものです。

バナー:スーツを纏うロケットエンジニアが考える“最良の妥協”

TOP