連載
ビジネスマンたちよ、ワイルド・サイドを歩け

加納典明、上手な生き方なんて捨ててしまえばいい vol.1

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──最初にご登場いただいたのは、かつてメディア上でも「超コワモテ」のイメージでならし、73歳にして現在も写真家の枠を超えた活動領域や言動が注目されている写真家・加納典明さん。4回にわたって吹きすさぶ突風から、あなたは何を得ることができるのか?

 

写真:小川義文 文:山田ゴメス 撮影協力:東京さぬき倶楽部(TEL:03-3455-5551)

加納 典明

写真家

加納 典明

1942年2月、愛知県名古屋市生まれ。初の個展で鮮烈なデビューを飾って以後 小説、レコード制作、DJ、TV・CM・映画出演、ムツゴロウ王国移住、8耐参戦など、写真家の枠にとらわれない数々のパフォーマンスを示す。月刊誌『THE TENMEI』が記録的な売上を果たし時代の寵児に。現在は自らの写真を利したアート作品を展開。毎年複数の写真展、アート作品展を開催するなど「100才までは現役で時代の頁を捲る写真を撮る!」と宣言し精力的な創作活動を続けている。
■加納典明オフィシャルサイト:http://tenmeikanoh.com
■加納典明Facebookページ:https://www.facebook.com/tenmei.kanoh

つまらない仕事で社会を変えろ!

 

俺にとって「仕事」っていうのは、生きるための極上な方法論、「最高の友」だね。

 

俺の場合、幸か不幸か「写真」という自分の道で生きることができてきたわけであって……たしかに「加納はいいよな、おねえちゃんばっかり撮ってお金稼いでいるんだから」なんて羨ましがられたりもするさ。でもそれは、たまたま俺の周りを取り巻いてきた家庭環境や時代背景ほか、さまざまな要素が複合されたきっかけがあって、今こうなっているだけなんだよ。

 

たとえば、経理の仕事。つまんないよな。俺的には(笑)。本当は社会的に一番大切な部分(職種)なんだろうけど……。ただ、いくらつまらなかったとしても、そこから「社会を変えてやろう!」という考えに行き着くかどうかがポイントなんだよ。

 

だって、たとえどんな経緯でも、最終的にはお前がその道をチョイスしたんだろ? じゃあ、もっともっと突っ込めばいいじゃない。日本一の経理のマエストロになってやろう、残業のスーパースターになってやろう……と。

 

そもそもビジネスマンは、「会社」という組織を盾にして“自分の殻”に閉じ籠もってるヤツが多過ぎる。そうじゃなくって、もっとこう“自分”を思い切って出してみたらどうだ?

 

何度転んでもかまわない。そうやって一歩を踏み出す勇気を持つことが「やる」ってことなんじゃないか?

この情報は2016年2月4日現在のものです。

世の中や会社へのグチはやめて「孤独に強い男」になれ

TOP