連載
毎日をアウトドアハックするための

Urban Outdoor Catalog vol.10

携行品の最軽量かつ最低限を追究する「ウルトラライト(UL)」に対して、限りなくラグジュアリーなアウトドア空間を突き詰める「グランピング」というムーブメントが生まれて久しいが、ギアフリークにおいては、やはり前者を追い求めたいというのが本音のようだ。

 

とりわけ、“週末アウトドアマン”にとっては、ビジネスバッグや会社のデスク内にコンパクトに収納したパッカブルのアウトドアギアを忍ばせ、「ここぞ」の場面で見参。ドヤ顔つきで“隠し玉”の登場といきたい。

 

今回は、不慮の事態にも柔軟に対処できるパッカブルのおすすめアウトドアアイテムを紹介しよう。「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖」 「備えよ常に(Be Prepared)」である。

 

 

写真:Yoshiteru Hagiwara 文:ヤマダタクリュウ(For M)スタイリング:宇田川雄一

この情報は2016年8月31日現在のものです。

バナー:001/003>>> Columbia 大きすぎず、小さすぎない手のひらサイズの20L
画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP