連載

「セックスが合わないと感じたらハッキリと相手に言います!」

基本、アブノーマル的なことを私は受け付けない……

セックスの相性はすごく大事だと思います。合わないと結婚はできない……。

 

私の場合、セックスは100%「付き合ってから」なので、そこで見極めます。たぶん、一回でわかると思う。そして、本当に合わないと感じたらハッキリと相手に言います。さすがに“最中”には言いませんけど(笑)。

 

■「ハッキリ」って……どんな風に宣告されるの(汗)?

モチロン直球では言いませんよ。「ちょっとカラダの相性良くなくない……?」みたいな? 無茶苦茶直球ですよね。剛速球(笑)。

 

具体的な行為や結果に対して、いちいち細かくは言わないってこと? まあ、私がコレを言うのはよっぽどのヒトですけど。なにか特別な趣味を持っていたり……。基本、あまりアブノーマル的なことを私は受け付けないので。

 

■“普通”だったら大丈夫ってこと(ホッ…)?

なにが“普通”で、なにが“普通じゃない”のかは難しい問題ですけど、とりあえずサイズだとか早いだの遅いだのは気にしません。そういうズレは何度か繰り返している過程で修正、工夫ができる範囲ですから。

 

でも、“癖”というのは、そう簡単に治らないじゃないですか。たとえば、言葉責めされたり、「ボク、オモチャ使わないと興奮しないんだよね」って来られても……(笑)。

 

結婚して何十年も経ってからならまだしも、付き合ったり結婚したばかりにソレを強要されると、なんか自分が道具っぽく扱われている気がして……。「愛している」って感覚とは微妙に違うな、と。

 

あと、生理的に鼻息や吐息が自分の想定から大きく外れてたりすると、もうダメかも? 好きでも一気に冷めちゃう。特別な性癖と違って、この手のフィーリング的な不一致だったら、なんとなく(関係を)フェイドアウトしていきます。

 

>> 男子は“雰囲気づくり”を怠るな!

この情報は2015年7月3日現在のものです。

TOP