連載
Q. 藤田先生こんばんは。とても悩んでいるのですが、誰にも相談できずにいるので、こちらに相談させていただきます。

不倫相手に本気になり、旅行や朝帰りを繰り返していたら、まだ新婚だというのに妻にバレました。その挙句、会社にもバラされてしまったのです。

妻とは結婚する前から喧嘩が多かったです。おまけにセックスレスで仕事ばかりの生活が続いて不満が募り、不倫をしてしまいました。

夫婦関係を再構築したいのですが、事態は一進一退で妻が逃げたり、私が逃げたりで収集がつきません……。

こんな日々が苦しく、ダメだと分かっていても未だに彼女に連絡をしてしまいます。セックスレスで喧嘩も多い妻とは別れた方が良いのでしょうか? 正直妻と一緒にいても辛いのです。とは言っても、いざ妻がいなくなることを想像するとまだ結婚したばかりですし、寂しいです。

もうどうすれば良いのか分からなくなってしまいました。どうかアドバイスお願いします。

(厄年/30歳/会社員)

自分が結婚に不適合なタイプだと認識するべき

A. 藤田先生がアンサー

 

新婚早々トラブルお疲れさまです。どうすれば良いのか分からないとのことですが、迷うほど選択肢はないですよ。

 

夫婦関係の再構築には、不倫相手との関係清算が必須。でも不倫相手には本気で、今も連絡をしているんですよね。たとえ、今後関係を断ち切るという気持ちがあるとしても、夫婦関係修復のタイミングは既に逃したと思われます。

 

お姉さんの専門はコミュニケーションです。少ない情報からではありますが、相談者さんご夫婦の関係をコミュニケーションの観点から分析してみたいと思います。

 

夫婦喧嘩のなかにも修復が可能なコミュニケーション、修復が不可能になりがちなコミュニケーションがあります。修復不可能なケースでは代表的な4つのNGがあるのですが、相談者さんがやってしまった「逃げる」という対応はまさにそのNG言動に該当します(ちなみに残りの3つは、配偶者を責める「批判」、軽蔑する「侮辱」、自分の責任ではないと主張する「言い訳」です)。特に男性側の逃げは、問題解決を難しくするだけでなく、今後の関係にも悪影響を及ぼすと思われます。

 

結婚前から喧嘩が多かったとのことですが、その時相手を批判したり侮辱するような言動はありましたか? 思い当るようでしたら、お二人の離婚の確率は一気に跳ね上がります。

 

新婚早々というタイミング、不倫相手に本気だということなどを加味すると、どうやっても修復は難しいように見えますが、いかがでしょうか。

 

次にできることを考えましょう。奥さんとのことは先延ばしにせず、離婚の手続きをするのが良いのではないでしょうか。当然、慰謝料請求もあると思いますが、結婚していた期間も短いですし、何とかなる金額でおさまるかと思われます。

 

心からお詫びをし、金銭的にも誠意を尽くす姿を見せましょう。もしかしたら、奥さんが引き留めてくれるというミラクルが起きるかもしれません。

 

会社にはお騒がせしてしまったことを誠心誠意お詫びしましょう。とんでもなく馬鹿なことをしてしまったという反省の気持ちを、しっかり周囲に伝えるのがポイントです。一度ついてしまったネガティブな印象を払拭するには時間が必要です。コツコツ仕事に打ち込むしかありません。

 

不倫相手についてですが、別れることはできなくとも、再婚は考えないほうが良いと思います。統計によると、離婚した人は、再婚してもまた離婚してしまう確率が高いです。浮気癖は基本的に直らないもの。今後もトラブルに見舞われることは必至でしょう。自分が結婚に不適合なタイプであることを認識し、今後起きるトラブルをなるべく小さくすることが、相談者さんにできる唯一のことのような気がします。

 

バツ1はモテます。十分気をつけて生活してください。

 

 

>>この連載のトップに戻る

 


 

★★★「熱男のお悩み相談室」―リアルなお悩みを募集中!★★★

藤田さん、武田さんにアンサーしてもらいたい、そんなあなたの“お悩み”を聞かせてください。採用者全員に「Amazonギフト券」(1,000円分)をプレゼントします。詳しくはコチラから!

 

▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

藤田 尚弓

話し方・伝え方 ガイド

藤田 尚弓

交渉・コミュニケーションの講師として、一部上場企業や大学などで登壇。ライフワークとして歴史上の悪女の研究を行なっており、テレビ出演やコラム連載など多彩なキャリアを持つ。株式会社アップウェブ代表取締役、早稲田大学オープンカレッジ講師、悪女学研究所所長、日本社会心理学会会員。「悪女の仕事術」「NOと言えないあなたの気くばり交渉術」「悪女の恋愛メソッド」「銀座で学んだ稼ぐ人のシンプルな習慣」著者。

この情報は2017年2月12日現在のものです。

TOP